« 自作室内灯を作る。その4 TOMIX幅狭用 | トップページ | KATO車間短縮カプラーを組込む »

2018年11月30日 (金)

今日の買い物。KATO タキ43000

今日の買い物です。

すっかり放置半年以上です。
この間にチョコチョコとやってきたことを少しずつ上げて行きます。
で、いきなり本日のネタより。

Img_8206

発売されたばかりのKATO タキ43000 8両セットです。
製品自体は、以前から販売されていたもののナンバー違いでセットにしたもの。

早速開封です。

続きます。

紙箱なので、ちょっと考えないとです。

Img_8207

今回のセットは、黒タキ5両、青タキ2両。
そして今回の目玉は、やはり銀タキですね。

Img_8208

まずは、黒タキ。
既存製品のナンバー、表記違いのようです。
単品も同時発売されましたが、そちらは未購入。

Img_8211

青タキ。
こちらは、日本オイルターミナル所属時の塗装のまま、日本石油に転属した後の姿を再現。
以前の表記を黒で消して上書きした雰囲気を表現しています。

Img_8209

銀タキ。
唯一のステンレスタンクの車体。
撮影時に連結されていると、ラッキーみたいな?!
ステンレスの色は、EF81-300のステンレス車体のような色目でなかなか目立つ存在です。

Img_8216

他のタキ43000と軸間のことなるTR215G台車が新規製作で再現されています。

Img_8231

貨物という汎用性を要求されるモデルだけに、カプラーはアーノルド。
これで連結すると車間が目立ちますし、うちのカマたちとの連結もできないので、後ほど交換をしたいと思います。

Img_8229

今日のところは、買い置きしてあったタキウレタンにすでに所有していたタキ1000と一緒に収納しておくところまで。

タキ1000と43000で28両になりました。
本音を言えば、同時発売されたタキ1000セットBも導入したかったのですが、後があるので我慢です。

それでは、また次回。

|

« 自作室内灯を作る。その4 TOMIX幅狭用 | トップページ | KATO車間短縮カプラーを組込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自作室内灯を作る。その4 TOMIX幅狭用 | トップページ | KATO車間短縮カプラーを組込む »