« KATOユニトラックの線路間隔を考える。 | トップページ | 運転会?! »

2017年7月29日 (土)

今日の買い物 KATO 115系300番代

最近、少々鉄道模型に復活し始めています。

というのが買うだけというのもアレですが。
で、久しぶりに買って来ました。

Img_2486

KATOの115系300番台です。

7両基本+4両増結2セットで往年の15両編成と行きたいですが、そこは予算もあるわけで。

今回は、4両基本セットで支線仕様ということで楽しみます。

それでは、早速開封。

115系は、KATOの従来品、TOMIX製と持っています。

地域柄か、115系に馴染みがあるんですよね。

Img_2487

KATOの従来製品では、少々大きめのヘッドライトから中目と揶揄されてきました。
今回の製品は、かなり小さくなっていますね。
あとは、ボディマウントカプラーになって、スカート首振りではないのがいいですね。

Img_2488

TOMIXの115系1000番台と並べて。
互いに印象はよく捉えられています。
唯一きになるのが、TOMIXの方はジャンパ栓のモールドが省略されています。
KATOは別パーツ化され栓のみ、配線ありと選択できます。

Img_2489

屋根を比べます。
以前の製品ではベンチレータなどが一体成型でしたが、今回の製品では別パーツ化。
これでTOMIXと同等になりましたね。

屋根の色は、それぞれのメーカーの特徴があるようで、KATOは明るいグレー、TOMIXはダークグレーです。
ちょっと気になったのは、TOMIXのクーラー中央部にランナー痕が残っているところ。綺麗に整えて再塗装すれば良いのですが、少し目立ちますね。

Img_2490

パンタ周りの仕上げは、両社とも同じ感じです。

Img_2492

で、KATOの115系に付属のジャンパ線を付けて見ます。
存在感のあるパーツなので模型として見た場合でもいい感じですね。
唯一きになるのは、緑1色の成形品なので配線部分まで緑色。。。
ここは、黒で色差しすればいい感じになりますね。後ほどやりたいと思います。

実際の走りは、なかなかスムーズでいい感じです
こちらのセットの動力車は、7両基本セットとの併結を考慮して、動力台車にゴム車輪がありません。
4両+クモニ83程度であれば気になることはないと思いますが、4+4両の組み合わせですと動力台車を交換するように説明書に記載があります。

最近、115系導入が増えているように感じますが、このくらいの長さだと自宅で遊ぶのにはちょうどいいですね。

それでは、また次回。

|

« KATOユニトラックの線路間隔を考える。 | トップページ | 運転会?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATOユニトラックの線路間隔を考える。 | トップページ | 運転会?! »