« EF64−1000 プチ改造 | トップページ | シンキョーカプラーを使ってみる。 »

2017年5月14日 (日)

EF81ー81お召し塗装機 プチ改造

北斗星色からローズピンクのお召し塗装になったEF81-81。

KATOとTOMIXから発売されているのですが、今回はKATOベースでプチ改造です。
まぁ、いつもの仕様ですね。

Img_1838

いきなり完成しています。
いつもの通りで、先日のEF64−1000よりも手を入れて居ます。
それでは、続きます。

まずは、正面から確認。

Img_1839

手すりをφ0.2の真鍮線を曲げて、ガイアのブライトジュラルミンで塗装。
ジャンパ線は、銀河のブラス。
窓下手すりは、扱い面から今回は別パーツ化していません。

Img_1841

屋根上です。
もともと、高圧線が燐青銅線?で作られているのですが、出場時の写真を見るとシルバーになっているようです。
今回は、ブライトジュラルミンで塗装してます。
特に、1エンド側へ伸びている高圧線は、ガイシのグリーンのままということもあり、ここの塗装での色合わせの意味もあります。
細かい加工をする、しないに限らず、ここは製品を入手した時から何とかしたかった場所です。

Img_1843

横から。
台車には、シルバーで色差ししています。

今回は。。。

誘導員手すりの作り直し。
屋根クレーンフック、手すり別パーツ化。
それに伴い、屋根パーツ再塗装。
ガイシ塗装。
下回り塗装。
ジャンパ線取り付け

と言ったライトな感じですね。

次は、何を仕込むか?と言ったところです。

それでは、また次回。

|

« EF64−1000 プチ改造 | トップページ | シンキョーカプラーを使ってみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF64−1000 プチ改造 | トップページ | シンキョーカプラーを使ってみる。 »