« 恒例の運転会 | トップページ | EF81ー81お召し塗装機 プチ改造 »

2017年5月13日 (土)

EF64−1000 プチ改造

久しぶりのカマ改造。

EF64−1000貨物機です。
この辺は、何台も作っていますが、今回はTOMIX製です。

Img_1805

今回は、下回り塗装とジャンパ取り付けと言ったライトな感じです。
ベースは、TOMIXのEF64-1009、EF64-1015です。
いつもな感じなのでいきなり完成写真です。
それでは、続きます。

まずは、1009号機。

もともと、更新色の試験的なカラーリングの車体で、白が繋がって居ないタイプです。

Img_1808

パンタも、塗装して色差し。
誘導員手すりは、純正の樹脂部品。
取り扱い面では金属製にするよりも楽ですね。
窓下手すりは、モールドのままです。

Img_1809

こちらは、1015号機。
実写は、EF65−1000と同じ塗り分けでデビューしましたが、間違いやすいと理由から、この1両で終わってしまったとか。
こちらも、1009号機同様の仕上げです。

Img_1806

連結器周りの開口が広いのか、銀河のジャンパ線を配置するとかなりキツキツ。
それでもなんとか無難に配置できたかな。
カプラーはいつものようにEH200ナックルカプラーです。
TOMIX定番の交換方法だと、バラツキで自然解放しがちなのが。。。
最近のモデルは、誘導員手すりが別パーツになって、解放テコも標準でついていますので、改造が楽ですね。
今度は、EF64-1030にも同じ加工をしていきます。
それでは、また次回。

|

« 恒例の運転会 | トップページ | EF81ー81お召し塗装機 プチ改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒例の運転会 | トップページ | EF81ー81お召し塗装機 プチ改造 »