« シンキョーカプラーを使ってみる。 | トップページ | 大宮鉄道フェスタ »

2017年5月16日 (火)

211系長野色をちょこっといじる。

GWに衝動買いした211系長野色。

何となく、周囲の長野ブーム(?)に乗っかった感はあるのですが、もともと最近短編成ものが気に入ってますので。

Fullsizerender_4

TOMIXの3両セットものなので、紙箱なんですよねぇ。
ブックケースを考えないと箱がボロボロになってしまいます。
製品自体は、211系の色変えなので目新しさはないのです。
でも、塗装が変わるだけで新鮮に見えるのも不思議。
早速!?

といきたいのですが、すでにGWの運転会で登場しています。

Img_1794

自宅で遊ぶには、これでフル編成という長さがいいですねぇ(笑)
でも、レンタルレイアウトでは見栄えがしないかも!?

で、今回はちょっと志向を変えて。

Img_1836

製品自体は、中間連結がアーノルドカプラー。
幌部品も付いていないので、連結間隔が間延びして見えてしまいます。

TNカプラーにすれば解決なのですが、それじゃつまらない。
まぁ、予算がないだけですが。

Img_1837

たまたま部屋で見つけたクロスポイントの幌パーツ。
いつ買ったのだろう???
値札からすると、結構前に買った可能性が高いです。

Img_1835

連結器をKATOカプラーに交換して、幌パーツをGクリアで接着します。
見た目の連結間隔がかなり狭くなりました。
実際には、ボディマウントのTNカプラーならば、もっと狭くなりますが。
おそらく、TNカプラーに交換して、片側だけ幌をつければ完璧ですかね。

時期を見てボディマウントカプラーを導入したいと思います。

それでは、また次回。

|

« シンキョーカプラーを使ってみる。 | トップページ | 大宮鉄道フェスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンキョーカプラーを使ってみる。 | トップページ | 大宮鉄道フェスタ »