« 今日の買い物 キハ40 | トップページ | 今日の買い物。ハイパーDX »

2017年4月24日 (月)

211系霜取りパンタ付きを作って見る?その3

少し間が空いてしまいましたが、211系の霜取りパンタ付きを作る。その3です。
昨日、昼間のんびりしていたので、その時に進めて見ました。

Img_0704_2

前回で、ベンチレーターを剥ぎ取っていますので、すでに戻れない状態です。

ということで作業を続けます。

今回は、霜取りパンタ側の配管類を作り込む必要がありますので、これが結構大変。
まずは、母線?の制作から。

Fullsizerender_2

細かい部分は、違いもあるかと思いますが、その辺はキニシナイ。 
0.5mmの真鍮線を曲げていますが、ちょっと太い?

Img_1626

続いて、避雷器からパンタに入る配線。
こちらは、φ0.3の真鍮線です。
配管の土台は、エバーグリーンのプラ棒から切り出しています。
幅0.7mm、厚さ0.38mmだそうです。

Img_1627

続いて、パンタから前方へ伸びる配管。
こちらは2本並べて取り回すので、結構大変です。

Img_1631

配管が屋根に入る部分は、プラ棒から削り出していますが、これが細かくて大変。
果たしてこれでいいのか??

Img_1632

角度を変えて見ます。
それっぽい雰囲気は出たかなぁ。。。
で、一通り配管はできたのですが、貫通扉側のパンタ周りも配管が追加されているんですよね。
実際、運転席側ばかりが派手な感じになってちょっとアンバランスかなぁ。。。。
これで、塗ってしまえばとりあえずは見える状態にはなるのですが、やはり気になりますね。

と、ここで続くことはなく、集中力が尽きました・・・・。

とりあえず、反対エンドの加工をどうしようか悩むところですが、追加する配管だけ作ると全体のバランスが崩れるのでやるなら全部。やらないならキニシナイ・・・・。といかないとですね

まだまだ続きます。

それでは、また次回。

|

« 今日の買い物 キハ40 | トップページ | 今日の買い物。ハイパーDX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の買い物 キハ40 | トップページ | 今日の買い物。ハイパーDX »