« 211系3000番台霜取りパンタ車作ってみる。その2 | トップページ | 今日の買い物。651系スワローあかぎタイプ »

2017年1月29日 (日)

グリーンマックス キハ110 カプラー交換

211系の霜取りパンタ仕様の改造は少しお休みして別のことを始めます。

久しぶりに友人から色々と依頼がありましたので、少しそちらを進めていきます。

Img_0795_2

グリーンマックス製のキハ110飯山線です。

キハ110といえばKATOが以前から発売されていますが、飯山線仕様というのはどこが違うのか???

気にせず作業です。

続きます。

今回のメニューは、ものすごくライトというか単純に部品交換のみです。

カプラーをTNカプラーへ交換して付属の部品取付です。

Img_0796

製品の状態では、ダミーカプラーと連結側はドローバーによる連結なので、片側には何も付いていません。

Img_0797_2

TNカプラーは、JC25を使います。
かつては、OPT扱いだった気もしますが、補修扱いの白箱です。

Img_0801

スカート部品、TNカプラー、ドローバー。
TNカプラーの電連が2段タイプなので、下段を切除して取り付けます。

Img_0802_2

それぞれを分解して、製品のカプラーベース、スカート、TNカプラーの本体を使用します。
先細のピンセットで中央の爪を外してから連結器側の爪を外していきます。

Img_0803_2

部品を無くさないように注意しながら元に戻します。
スカート部品の爪は細いので組み立て時に変形、破損させないよう注意です。

Img_0804_2

クセがあるのがダミー連結器側。
ベースは共通なのですが、ダミー連結器が接着されています。
かなり強固に接着されているので綺麗に外すのは無理。
ベースを傷めないことを優先します。

Img_0805_2

薄刃のニッパーでザクザクとカット。
切断面を軽く整えて終了。
ダミー連結器はボロボロですが、使わないのでOKです。
組み立ては、先ほどと同じです。

Img_0806

元どおりに組み立てて完了です。

Img_0807

連結状態もピッタリ。
幌がつけばかなり狭く見えますね。

Img_0809

最後は、無線アンテナ、ホイッスル、渡り板、幌をつけて完成。
アンテナ、ホイッスルは挿し込むだけでも大丈夫かもしれませんが、紛失防止のためGクリアで接着しています。
幌は特に取り付け穴などがないので、Gクリアをつけて接着しています。
ケースサイズがピッタリなので、幌を付けるとケースのウレタンにはまらないので、ウレタンをカットしています。
で、今回は両運転台車の交換でしたが、あとは片運転台車も交換。
最終的には、KATO製キハ110と連結させるため、KATOのキハ110もTN化していきます。
今日はここまで。
それでは、また次回。

|

« 211系3000番台霜取りパンタ車作ってみる。その2 | トップページ | 今日の買い物。651系スワローあかぎタイプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 211系3000番台霜取りパンタ車作ってみる。その2 | トップページ | 今日の買い物。651系スワローあかぎタイプ »