« EF66-27プチ改造。その1で完成 | トップページ | 久々の撮影。 »

2015年1月19日 (月)

EF65-1000のプチ改造その6。完成。

EF65-1000のプチ改造その6です。

かなり飛んでいる感じもしますが完成です。

Img_0765

先日完成したEF66-27と一緒に並べます。

とりあえず長くなるので、まずは田端ガマから。

JR東日本の田端ガマです。

Img_0766

プチ改造なので、ボディ塗装は最小限にパーツの取付けを中心にしてます。
手すり関係の別パーツ化を中心に改造してます。
窓下手すり部のモールドを削って、削り跡をクリーム1号で筆挿ししてます。

Img_0769

屋根上は、クレーンフックの別パーツ化、手すり別パーツ化、信号炎管、ホイッスル金属パーツです。
手すりは、レボリューションファクトリーの1.4mm幅、クレーンフックは同じくレボリューションの割ピン0.25幅です。

ホイッスル、信号炎管は定番の銀河モデルです。

無線アンテナ台座は、ブルーに塗装して棒の部分をねずみ色1号で塗装しています。

Img_0771

前面です。
1両目は、1115号機です。
製品に1115号機のプレートは付属してないので、ジオマトリクスデザイナーズインクのEF65-1000貨物ナンバーから番号入替で使っています。
2エンド側のジャンパ栓はねずみ色1号で色入れしています。
製品では、スノウプロウ付きなのですが、1115号機はスノウプロウ無しですので、パーツストックから使ってます。

Img_0772

こちらは、1104号機。
ナンバーは製品に付属していますので、そのまま使っています。
窓下、誘導員手すりは、φ0.2真鍮線より自作しています。
スカート部には、エアーホース追加。
こちらは、銀河モデルのエアーホース。
ロストワックス製なので、精度、強度共に十分です。

Img_0770

色が白っぽくなってしまいましたが、別アングル。
スカートステップ、乗務員ドア下のステップには、白で色挿ししてあります。
避雷器、クーラーはねずみ色1号で塗装しています。

長くなるので、EF65-2000JRFは、また次回紹介します。

それでは、また次回。

|

« EF66-27プチ改造。その1で完成 | トップページ | 久々の撮影。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF66-27プチ改造。その1で完成 | トップページ | 久々の撮影。 »