« EF65-1000プチ改造。その2 | トップページ | 今年も終わりですね。 »

2014年12月19日 (金)

オリエントエクスプレスボディ交換

5月に発売となった、KATOのオリエントエクスプレス88(パリ~香港)ですが、1両塗装不良のために、部品交換が行われているとの情報を入手したのが今年の7月ごろ。

その後、夏休みに息子と西武線の妖怪ウォッチスタンプラリーを回っている途中で、ホビーセンターKATOへ立ち寄り交換部品を頂いてきました。

その後は、放置プレー。。。。orz、、、、

Img_0421

交換するのは、ボディだけなので屋根、ガラスパーツなどはすべて移植する必要があります。

特にガラスパーツは傷や指紋を残さないように注意ですね。

それではさっそく作業開始。

まずは、交換前のボディとの比較。

Img_0422

上が交換部品、下が製品の車両。
説明によると、車体側面中央の紋章にオレンジ系の縁取りが無く、ゴールドが強く見えてしまうとのこと。
正直、言われなければわからないレベルではないかと。。。

Img_0423

まずは、下回りとボディを分解。
この辺は、室内灯を組み込むのと同じ作業ですね。

Img_0424

連結面の幌を外します。
細い部品が有るので、破損させないように注意。
まぁ、取り外し自体はピンセットが有れば容易ですね。

Img_0425

屋根は、ボディ裏から押せば外せます。
普通の車両よりは外し安いかと思います。
窓ガラス部品は、乗降扉部まで一体なので、様子を見ながらピンセットで外します。
ここまで分解できれば、ボディ部品だけ交換して組み立てます。

Img_0427

交換完了です。
紋章が少々赤っぽい感じになりました。
正直、交換を行いましたが、元々異常と判別するのも困難なものですので、達成感は薄いかも。

よくよく考えてみたら、カプラー交換もできないこともあり買ってきて眺めただけで一度も走らせてないですね。
牽引させるとなると、EF58-61とかに牽かせましょうかね。
それとも、近日発売される、EF81-81でもいいかもしれませんね。
パリ~香港運行仕様なので、当然実際にはそんな牽引は有りませんが、お手軽に楽しむにはこの辺の組み合わせが無難なのかもしれません。

それでは、また次回。

|

« EF65-1000プチ改造。その2 | トップページ | 今年も終わりですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-1000プチ改造。その2 | トップページ | 今年も終わりですね。 »