« よみがえるC61展 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。オマケ »

2014年1月26日 (日)

MGサザビーVer.kaを作る。その1

ガンプラ、鉄道模型と貯まる一方のキットをある程度消化するまでは、買わないと決めていたガンプラですが、我慢できずについ。。。。

P1030250

年末に発売されたMG サザビー Ver.Ka。
正直、かなり衝撃的なつくり。
つい我慢できずに買ってしまいました。

早速、年末から作っていますが、なかなか進まないのは、いつものこと。

まずは、このキットの目玉でもあるシルバーの内装パーツ。

P1030268

元々、全塗装仕上げにするつもりなので、こちらも当然塗装。
ガイアノーツのサーフェーサーブラックを下塗り後にブライトジュラルミン仕上げています。

P1030271

一部内装パーツを塗ってます。
こちらは、ガイアノーツのバーチャロンフレーム色。いわゆるガンメタ系。
ガンメタの内部パーツと、シルバーのフレームのコントラストを狙います。

P1030273

腕のパーツ。
上腕部に付くシリンダーパーツは、本体をゴールド、シャフトをブライトジュラルミンで塗装。
今までも、同じ仕上げにしてますが、今回は比較的見える場所なので効果が楽しみです。

P1030304

このキットで凄く気になった場所が、バーニアパーツ。
組みやすさを優先してか、3連バーニアは繋がった状態になってます。

P1030305

実際につけてみると、部品単体では結構目立ちますので個辺にカットして整形してます。
削り込むことで、横のモールドが甘くなるので筋彫りをやり直してます。
恐らく組みあがった時点では装甲で目立ちにくくなりますが、やはりすっきりして好印象。

P1030270

試しに作った赤3色を確認のため、上半身を作ってみました。
ピンク部分が、思ったより変な色になってしまったので、やり直し予定です。
モールドももう少し追加したいですね。

今回は、外装部に筋彫りを追加したり、細かくデコレートしてみたいのでしばらく時間が掛かりそうです。

ファーベルさんで、エルホビー時代と同時期にコンテストをやるとすると、夏なのでそれまでジックリやりたいと思います。

秩父デキと交互に作っていきましょうかね。

|

« よみがえるC61展 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。オマケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よみがえるC61展 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。オマケ »