« KATO特別列車(回送仕様)を磨きこむ。 | トップページ | ワールド工芸いっぱい。 »

2013年8月31日 (土)

今日の買い物。KATO車間短縮ナックルカプラー

今日の買い物です。
KATOの車間短縮ナックルカプラーが入荷したとのことで買ってきました。
厳密に言えば、ラウンドハウスブランドです。

P1020573

20個入り840円税込。
1両2個使うとして10両分ですかね。
数を使うものだけに、値段が微妙です。

早速試してみます。

構造はいたって簡単。
カプラーが一体成型されてますので、交換だけでOK。

P1020577

左はお馴染みKATOカプラーN、右が今回の車間短縮ナックルカプラー。
全長がかなり短いです。

P1020578

取付け状態。
台車は、タキ1000系のFTタイプです。
これでかなり短くなっていることが確認できます。

P1020576

安中貨物のトキ25000で使います。
元々、KATOのトキ25000をベースに台車をタキ1000のFTタイプへ交換してますので、ポケットが長めなので気になってました。
まずは、KATOカプラーN。

P1020579

手前が、車間短縮ナックル、奥がKATOカプラーN。
かなり車間が狭くなりました。
こうやって見ると、車間は短くなっているものの、少々ゴッツイデザインに見えます。

P1020580

KATOカプラーNと車間短縮ナックルで連結。
問題なくできます。
連結するためには、車両同士を押し付ける通常の作業ではできず、引っ掛けるようにしないと連結ができないので、ちょっと面倒かもしれません。
特に、コキ、タキなど長編成になる場合は、大変ですね。
ちょうど、昔売られていたエンドウのナックルカプラーですね。
あちらのナックルは、もっと小型で連結の遊びはほとんどありませんでしたが。。。

車両間隔を詰める目的としては、有効ですが実感的か?と言われるとスマートさに欠ける気もしますね。
これは、連結器自体が大き目で特に上下方向の厚みが気になってしまいます。

とはいうものの、コキ、タキの連結間隔は以前から気になっていたので、交換していきたいところです。
ただ、必要な数も必然的に多くなるので、費用も結構掛かってしまいますので、順次交換していこうと思います。これは、安定供給を望みたい製品ですね。

|

« KATO特別列車(回送仕様)を磨きこむ。 | トップページ | ワールド工芸いっぱい。 »

コメント

うちは二軸貨車もこの短縮カプラーで行くことにしました。
カトカプはポケット内での遊びが大きく、レール継ぎ目の上下ずれで解放してしまうことがあるので、このカプラーはスプリングで押さえられていて、短いので線路不整には強いようです。

1両84円、結構しますよね。貨車が525円だと考えるとなおさら。

投稿: Salam | 2013年9月 3日 (火) 07時05分

私は、まだ2軸貨車は試してません。
ピッタリ詰まったワムは良いですよね。恐らく、カーブの半径だけだと思うので、走行環境が合えば有りですね。

数が必要なので、出費が地味に強いられるのが辛いところです。

投稿: ラビット | 2013年9月 3日 (火) 21時58分

ラビットさん、こんにちわ。
これはいいですね、でも少々高いかな。
katoカプラーに交換をしてきましたが、なんとなく車両間に違和感があったのです。
また全て交換となると大変な作業…よりお金が(^^;

投稿: まいあ | 2013年9月 7日 (土) 18時16分

まいあさん。こんばんは。

私もすでにKATOカプラーへ交換してますので、費用、交換作業を考えると躊躇しますね。
コキ、タキだけでもかなりの数になりますし、交換したKATOカプラーを考えると。。。
中途半端に交換すると逆に編成が変になってしまうので、タキだけ変えてコキはそのままとかになりそうです。

投稿: ラビット | 2013年9月 8日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATO特別列車(回送仕様)を磨きこむ。 | トップページ | ワールド工芸いっぱい。 »