« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その2。切って切って切りまくる。 | トップページ | 東邦亜鉛タキ15600を作る。その4。まだ切ります。 »

2013年2月14日 (木)

東邦亜鉛タキ15600を作る。その3

東邦亜鉛タキ15600を作る。その3です。

タンク部分を12両分カット。
これは結構簡単です。

P1010427

長さも、そんなにシビアにしなくていいですので。

さらに作業を続けます。

ステップの加工は地味に面倒なので、まずは。

P1010429

タンク部分のエッチング板を作ります。
平らな板を丸めるわけですが、ちょうどバーニッシャーの柄がタンクの外形よりも少し小さいのでスプリングバックを考えるとちょうどいいのです。前回も同じです。

P1010430

こんな感じ。
まだ、タンク表面のモールドを削ってませんので浮いてます。
中央部分は激しく隙間が空きますが問題なしです。

P1010431

表から見るとこんな感じ。
この後、タンク表面のモールドを削りますが、作業が地味すぎるので写真は無しです。
エッチング板の曲げ作業は、1両だけです。

この後、タンクのモールド削りを行い終了です。

それでは、また次回。

それでは、また次回。

|

« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その2。切って切って切りまくる。 | トップページ | 東邦亜鉛タキ15600を作る。その4。まだ切ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その2。切って切って切りまくる。 | トップページ | 東邦亜鉛タキ15600を作る。その4。まだ切ります。 »