« 今年最後のお買い物 | トップページ | E655「和」のドレスアップ。その2 »

2012年12月31日 (月)

E655「和」をドレスアップ!?

先日、買ってきたE655「和」ですが、塗装が非常に綺麗で好感が持てます。

ただ、実車を見ると映り込むような艶があり、さすがは特別列車と思わせる車体です。

Img_7698

鉄道模型ではあまり馴染みがない仕上げ方法ですが、グロス仕上げにしたいと思います。
光沢クリアを吹いて、研ぎ出し、ワックス仕上げにしていきます。

結構手間は掛かりますが、ハマると病みつきになってしまいそうな仕上げです。

まずは、車体の分解。

P1010275

屋根、妻板も外せるので塗装に対しては親切設計。

P1010286

処理前のボディ。
艶も有って、決して悪くない仕上げです。
運転席窓下は艶消し黒なので、ここだけマスキング。

P1010287

まずは軽くクリアを吹きます。
クリアは、クレオスのGXクリア光沢を使ってます。
これは、シナンジュを作った時にも使ったクリアで、被膜が強く研ぎ出しもしやすい塗料です。

P1010276

まずは、吹きっぱなし状態。
多少ゴミが入ってしまっているので、ゴミ取りついでに#2000の耐水ペーパーで面を馴らします。
磨くというより撫でる感じです。

さらにクリアを吹いて、クリア前のボディと比較。

P1010285

左がクリア後、右が処理前。
これだけで光沢の違いは分かるかと。

P1010284

映り込みの具合を分かりやすくするため、広告の文字を見てみます。
これで仕上げてもいいのですが、ここからひと手間加えるとさらに綺麗になります。

とりあえず、1日程度塗膜の安定を待って磨きに入ります。

今年も、ラビットのおもちゃ箱的なブログにお付き合いいただきありがとうございます。
来年も、まったりと自分のペースで行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

恒例の、1年間の振り返りは年明けですかね。

それでは、良いお年を。m(_ _)m

|

« 今年最後のお買い物 | トップページ | E655「和」のドレスアップ。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後のお買い物 | トップページ | E655「和」のドレスアップ。その2 »