« 高崎鉄道ふれあいデー | トップページ | EF65-1079と2069を作る。その2 »

2012年9月14日 (金)

リーフのUSサイドマーカー

リーフネタです。
と、言っても1か月近く前の話です。

夏休み中に、会社の同僚からリーフのUS仕様サイドマーカーがオクに出てるよとの連絡をもらい、落札してもらいました。

Dvc00046

パーツは休み明けの日に受け取って、「簡単につくよ!」との話から昼休みに会社の駐車場で作業開始です。

まずは、パーツ。

Dvc00049

上が今回付けるパーツ。下が今までついていたパーツ。
北米の法規制でサイドにオレンジ、リア側は赤の発光体を付けることが必要です。
今回は、そのパーツを付けるわけです。

Dvc00048

ボンネットを開けて止めネジ2本を緩めます。
緩めた後、真上にパーツを引き抜けばクリップが外れて取り外しできます。

Dvc00050

外すとこんな感じ。
パーツ自体は、結構大きいです。
本来なら配線をして光るようにしたいのですが、今回はハーネス関係を準備していないので、パーツだけ交換。

Dvc00052

元通りに組み立てて完了。
概ね10分程度の作業でした。まぁ、配線はしてないので、こんなもんでしょう。

Dvc00051

全体で。
言われないと分からない感じですが、オレンジが良いアクセントになったかと。
ウインカーバルブをステルスにするなどオレンジを廃している割に好き好んでオレンジレンズを入れる矛盾はキニシナイ。

後は、ハーネスを準備して光らせるだけです。

|

« 高崎鉄道ふれあいデー | トップページ | EF65-1079と2069を作る。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎鉄道ふれあいデー | トップページ | EF65-1079と2069を作る。その2 »