« KATO EF57を比べてみよう。 | トップページ | ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その10 »

2012年7月 9日 (月)

ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その9

いよいよ塗装も終わりました。

P1000384

とりあえず、仮組してみました。

ガイアのセミグロスブラックですが、ちょっと艶は強めかも。
現役時代を考えると、きれいすぎ?

仕上げは後で考えます。

いよいよ難関のロッド組立。

P1000389

一応、形になっていますが。。。。
主台枠の動輪受け部にも塗装が入ってますので、精密やすりで塗膜を落とします。
削りすぎるとガタが出るので慎重に作業。

P1000390

この状態で、滑らかに走るか確認。
まぁ、だいたいどこかでロックします。(汗)

P1000392

クロスロッドとメインロッドが干渉するので、若干曲げながら調整。
動輪の軸受け部にユニクリーンオイルを塗っておくといい感じです。

この状態で、何とかスムーズに動くようになったので、先輪、従台車を付けて組み上げてから試運転をします。

たぶん、試運転で再び調整が必要になるのは必須ですね。

それでは、また次回。

|

« KATO EF57を比べてみよう。 | トップページ | ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATO EF57を比べてみよう。 | トップページ | ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その10 »