« KATO C62-2を見てみよう。 | トップページ | ワールド工芸C61東北形Ⅱを作る。その6 »

2011年12月 3日 (土)

KATOのC62-2をちょっと手を入れます。

KATOのC62-2を買って以来、仕事が相変わらず忙しくて試運転すらできていない状態です。

しかし、ちょっと寝る前のお遊び。

P1060300

ワールド工芸のC62-2と並べてみると、ちょっと違和感を感じます。
KATOのC62-2の手すりが、シルバー整形色だけなので、ちょっと浮いた感じがしてしまいます。

そこで・・・

就寝前のひと手間!?

P1060312

煙室扉上の手すりの足の部分を黒で色入れ。
田宮のエナメルカラーセミグロスブラックです。
もちろん、手すりパーツを外して塗装していますが、気を抜くと旅に出てしまうので注意です。

P1060313

アングルを変えて。
単に、手すりの足部分に色を入れただけですが、結構印象が変わった気がしています。
物足りなければ、やえもんのパーツで金属化してもいいかもしれないですね。

出来がいいだけに、ちょっと欲が出てきそうですが、色々と手を入れるところを考えたいと思います。

それでは。

|

« KATO C62-2を見てみよう。 | トップページ | ワールド工芸C61東北形Ⅱを作る。その6 »

コメント

こんばんは。

おっと、早速開始されてましたねw

確かにここに色入れるだけで良いですね。
金属製のワールドと見比べると手すりが太い?なんて思ってましたが、実はなかなか細くて良い感じなのですね。
曲がり具合などを考えてもこのまま色入れるだけで十分と思えます。

その辺の細さを考えると、プライマー塗ってシルバーもとなると太くなってしまうかもしれませんね。

うーん悩む・・・。

引き続き楽しみにしています。

投稿: かっぺ | 2011年12月 3日 (土) 02時04分

ラビットさんこんばんわ(^^ゞ
おお~早速の作業ですね~これはまた
いい~感じですね~(^^)
特に正面は一番目立ちますので黒の方が
引き締まっていいですね!

投稿: くさたん | 2011年12月 3日 (土) 21時00分

かっぺさん。
こんばんは。

手すり自体は、あまり金属製にこだわらなくても良いかもしれないです。
今回は、お手軽に足だけ黒く塗ったので、時間があればちゃんとプライマー処理して仕上げたいですね。
蒸気暖房ホースは、C61用に買ったものが1つ余るのでOKですが、やえもんのハンドルが近所で取り扱いが無いのが難点です。

色々とつまみ食いしているので、少しずつやっていこうと思います。

投稿: ラビット | 2011年12月 4日 (日) 00時47分

くさたんさん
こんばんは。

手すりの色入れは、お手軽な割に効果も大きいと思います。
エナメルカラーであれば、はみ出してもデザインナイフなどで修正も容易ですから。
難点は、細かいパーツなので作業中に飛ばさないことですね。
実は私は、やらかしまして。。。
幸運にも発見できて事なきを得ましたが。

投稿: ラビット | 2011年12月 4日 (日) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATO C62-2を見てみよう。 | トップページ | ワールド工芸C61東北形Ⅱを作る。その6 »