« ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その1 | トップページ | 家族でお出かけ。1泊ディズニー »

2011年11月10日 (木)

ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その2

お手付きで始めたC61です。
やはり、今話題の地元機関車ですから気になります。

Img_1987

ほんとは、こんな感じで作りたいですが、復活仕様はKATOあたりで発売してくれるのを期待して、普通にキットを組んでいきます。

昼間に動力をある程度完成させて、夜はキャブなどを。

P1060083

中間写真はありませんが、キャブの主要部品を。
運転席側の旋回窓が付いていないらしいのですが、この段階ではつけたまま。
後程カットするかと思います。

P1060085

一緒に作った床パーツを仮組。まだはんだ付けしてません。
裏から見ると、かなり醜いです。

P1060086

天井。
信号炎管をどこにつけようか、資料写真を物色しなくては。
天井窓が開いているのは、いつも通り。

今日はここまで。

説明書によると、この後のボイラーを組んでからなので、しばらくキャブはお休みですね。

それでは、また次回。

|

« ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その1 | トップページ | 家族でお出かけ。1泊ディズニー »

コメント

いよいよ工作が始まりましたね。
> 運転席側の旋回窓が付いていない
逆ですよ!助手席側の旋回窓が付いていないのでご注意。
蒸機の神様はニッパーで切ってキャブを変形させたということなので、回転窓をひねってモギリ取った方がいいのかも知れませんね。

投稿: Salam | 2011年11月12日 (土) 07時19分

こんばんは。

ご指摘ありがとうございます。
危ないところでした。

付け根は細いのでひねって仕上げたほうがいいですね。
蒸機の神様の製作記は、説明書以上に熟読してますw
むしろ、説明書は部品確認用、手順は蒸機の神様だったりします。

投稿: ラビット | 2011年11月12日 (土) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その1 | トップページ | 家族でお出かけ。1泊ディズニー »