« 新前橋トレインフェスタ | トップページ | ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その2 »

2011年11月 9日 (水)

ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その1

EF64-1000が途中なのですが、いわゆるお手付き。

ワールド工芸のC61Ⅱ東北形を作ります。

P1060047

ここ最近、帰宅後に作業もできず、このキットを眺めながら就寝前のコーヒーを飲んでいました。(私は、お酒を飲まないので・・・。)

それでは、さっそく。

今日は久々の有給休暇でしたので、昼間から作業。

説明書の後半で動力ユニットを作るのですが、私の場合、先に作るクセというか。。。

P1060078

動力ユニットのパーツ。
以前製作したC62やC57は真鍮でしたが、これは洋白板になっています。
新動力になってから初なので、気になります。

P1060079

集電パーツ兼テンダー台車。
親切に部品刻印が入っています。
この辺の構成は変わってません。

P1060081

まだ、モータ配線は済んでいませんが、組立は完了。
組立の構成は全く異なります。
剛性も高そうです。

P1060082

モータを保持しているプレートがはんだ付けからねじ止めになったことで、後でも分解整備ができるようになりました。
以前の設計ですと、ギヤのねじが緩むと大変なことになりましたから。

今日はここまで。次はいつになることやら。

|

« 新前橋トレインフェスタ | トップページ | ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新前橋トレインフェスタ | トップページ | ワールド工芸C61Ⅱ東北形を作る。その2 »