« EF64-1000岡山色を見てみよう。 | トップページ | 撮り鉄です。 »

2011年10月31日 (月)

ワールド工芸段ボール箱の正体

久々に、ワールド工芸の製品を購入。

まぁ、もともと高価な製品ですから、頻繁に買うこともできません。
振り返ってみると、年1回ペースですかね。

P1060045_2

買うだけでは、始まっていないので、これからが大変ですが、作り気力よりも作る時間を確保するのが大変そうです。

それでは、種明かし。(ってもうわかってますよね)

今回のネタはこれです。

P1060046

C61東北型Bタイプです。
Aタイプは、煙突サイドに小型デフがついているタイプで、Bタイプは標準的なモデルです。

P1060047

早速開封。
キット構成は、いつも通りです。
C57九州型を作ったときは、モーターやキャブ、車輪などは個別に小箱に入っていましたが、パッケージ方法が変わっています。

P1060048

プラ製のケースに折り曲げ済みのボイラー、キャブと車輪関係。

P1060049

先輪は、プレートタイプが4個入りですので、先輪と従輪でそれぞれ。
ちょっと困りますが、これはこれで何とか考えます。

P1060050

小袋にロストパーツやモーターなど。
最初に作ったときは、これだけで不安になりましたが、だいぶ慣れてきました!?

P1060051

あとは、エッチングパーツが色々と。
新動力仕様は初めてなので、非常に興味があります。
これだけ見てると、動力パーツの材質が変わっていますね。

P1060052

最後に、ウエイト兼石炭パーツ。
特に特徴も無く。。。

さて、いつから作り始めるかわかりませんが、なかなか平日はまとまった時間が取れないので、時間がかかりそうです。
出来れば、1か月程度で完成させたいところですが。。。

Img_1918

ナンバーはもちろんこれですね。
JR復活仕様はできないので、現役時代を踏まえて。たぶん、復活仕様は完成品が発売になるでしょうから。

経過は、ブログにアップする予定ですが、両立する時間があるか。。。

それでは、また次回。

|

« EF64-1000岡山色を見てみよう。 | トップページ | 撮り鉄です。 »

コメント

こんばんは。
いよいよC6120現役時代の作成開始ですね!
今後の展開を楽しみにしています。
現役時代と復活の違いは、認識しているところでは:
シールドビーム枠の色 現役時代は黒
テンダー前照灯 現役時代はシールドビーム
ATS発電機 復活は大型2基
非公式側蒸気暖房管有無 復活はなし
公式側キャブ下ウエスチングハウスブレーキカバーの有無 現役はなし
旋回窓 現役は機関士側のみ
先輪第ニ軸 現役はC59ウェッブ付き
キャブ雨樋有無 現役は露出なし
その他、テンダー重油タンク、JR無線有無、スノープロー形状
こんなところですか。
幅広く色んな列車が牽ける現役時代がやっぱりいいですよねぇ。
はつかり、はくつる、十和田など。20号機は仙台から青森に移ったのが早いので、ATS装備状態だと十和田や鈍行メインとなりますかね。

投稿: Salam | 2011年10月31日 (月) 23時43分

こんばんは。
現役と復活って結構細かいところが違うんですね。

基本的には、キットノーマルで組み立てるつもりですが、スノウプロウをつけるとステップが付けられないようなので、ここは、何とかしたいと思っています。
今の問題は、先輪第2軸ですね。
良さそうなパーツも無く、とりあえずKATOのD51のスポーク先輪でお茶を濁すか、そのままプレート車輪にするか。。。。
蔵華寺公園の写真はいっぱいあるので参考にしながら進めたいと思います。(でも蔵華寺保存時は東北仕様ではないのかな。。。)

投稿: ラビット | 2011年11月 1日 (火) 23時00分

こんばんは。
現役時代なら、東北タイプスノープロー装着時はステップは外してありますよ。ステップと共存させるなら復活タイプになります。
先輪第ニ軸は難関ですね。まさかマイクロエースを一両潰すとか。
華蔵寺保存時と東北現役時代の違いですか。
仙台と青森のどちらにするかにもよりますが、青森時代はATS未装備、前デッキ掴み棒無(デフに付いてます)、テンダー前照灯がLP42ではなく青森晩年はシールドビームです。
仙台時代はシールドビーム副灯なし、テンダー前照灯がシールドビームかつずいぶん下の方に付いていて、ATSは未装備だと思います。公式側(左)のデフがえらく傾いて付いているのが特徴でしょうか。再現したくないですけど。
幸い沢山写真が残っているので、じっくり吟味してみてください。

投稿: salam | 2011年11月 3日 (木) 00時46分

ステップは付いていないのが正解なんですね。知りませんでした。てっきり作りの部分での省略だと思っていました。
先輪は、KATOのD51の車輪を使おうかと考えてます。
うちのD51はワールドのスポーク先輪に交換済みなので余っているので。
モールドが骨太なのでそれなりに見えるかと思っていますがつけてみて考えようと思います。
すぐには手を付けないと思うので、いろいろと吟味したいと思います。

投稿: ラビット | 2011年11月 5日 (土) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF64-1000岡山色を見てみよう。 | トップページ | 撮り鉄です。 »