« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その6。量産編4 | トップページ | ジオラマ鉄道 »

2011年9月24日 (土)

東邦亜鉛タキ15600を作る。その7.量産編5

東邦亜鉛タキ15600を作る。その7です。

久々に休日出勤が無い週末(?)でした。
何となくやる気が出たので、続きを作ります。

Img_4114

6両だけは、組立完了。残り2台もはんだ付け作業を完了。

いよいよ塗装です。

まずは、洗浄して乾かした後で、ガイアノーツマルチプライマーで下処理。
乾燥後に黒を吹きます。

Img_4271

ちょうど手持ちのクレオスセミグロスブラックが終わったので、今回からガイアノーツのセミグロスブラックです。
光沢は、クレオスよりもありますが、最近のクレオスセミグロスブラックに見られるザラツキは無くて良好。

保存蒸気などの塗装にもいいかもしれないですね。

Img_4272

一気に6両塗装。
台車も同じくセミグロスブラックで塗装しています。

Img_4273

黒1色なので悲しいくらいにメリハリが無いです。
これでは、ダメだと思いデカール貼り。

Img_4280

デカール貼り完了。
一つ一つのデカールが大きいので、トキ25000よりは短時間でできました。
と、もう少し時間があるので・・・。

Img_4279_2

6両分はデカール貼り完了。
これで、1日程度乾燥させて、クリアーを吹きます。
まぁ、明日から仕事なので1週間放置決定でしょうけど。。。

しかし、これでは検査直後のこんな感じ。(写真は、美輝川さん提供)

20110501pa220147

しかし、よく見る安中タキは・・・

20110501img_20090111_5421

ばっちいw
基本的に、ウエザリングをしないのですが、ここまで印象が違ってしまうと考えてしまいますね。
茶系の塗料で軽くエアーブラシで吹けば出来るとは思いますが。。。

編成でピカピカの安中貨物って見たことが無いので・・・。(新型出場は別で。)

クリアの前に手すりの色差しなど細かいところも進めないとだめですね。

それでは、また次回。

|

« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その6。量産編4 | トップページ | ジオラマ鉄道 »

コメント

今日は塗装日和でしたが、ラビットさんも塗装されていたのですね。しかも同じような黒色。
いよいよ完成が近づいてきましたね。
ウェザリングは悩ましいところだと思います。私も結論が出てません。
実際に走っているのと余りに色が違うのも残念ですが、保有全車両ウェザリングするのは大変すぎるし、モノによっては廃車にしか見えないし。

投稿: Salam | 2011年9月25日 (日) 07時01分

salamさん。こんばんは。
偶然にも、同じ時期に同じような塗装でしたね。
ほぼ完成状態ですが、やはりウエザリングをするか否か悩んでます。
一番センスが問われる仕上げ方だと思いますし、恐らく私の場合、廃車になって敗者になりそうで。。。

投稿: ラビット | 2011年9月25日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その6。量産編4 | トップページ | ジオラマ鉄道 »