« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その5。量産編3 | トップページ | 今日の買い物。通販です。 »

2011年9月 1日 (木)

ワールド工芸C57九州型を作る。その8 完成です。

ワールド工芸C57九州型を作る。その8です。

実は、過去のブログを見ていてC57の完成までアップしてなかったことに気づきました。
忘れ去られていましたが、一応は完成して遊んでました。

P1040481

忘れられてますので、過去のブログ。

その1です。
その2です。
その3です。
その4です。
その5です。
その6です。
その7です。

それでは、見ていきます。

その7を見てみると、塗装も終わっていたんですね。

P1040494

細かいパーツがついていないだけで、ほとんど完成状態でした。

P1050860

ナンバーは、196号機をチョイス。門デフですから。

P1050861

横から。
空気作用管は、真鍮のテカリが少々気になったので、エナメル黒で色差ししてふき取り。
横から見ると、いいプロポーションだと思います。

P1050862

非公式側。
こちらはシンプル。

P1050864

キャブ。
今までのC62の北海道型2両に比べると、配管もシンプル。
C57はC62よりもボイラーが短いので、ちょっとコテを入れるのが大変ですね。

P1050863

正面から。
デフは曲がってないと思いますが。。。
つかみ棒が曲がりそうなので、取扱注意です。

これで、10系かもめをけん引させて遊んでいますが、フル編成10両を普通に牽引できます。

今回はここまで。
また、ワールドのキットを作りたいですね。

それでは。

|

« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その5。量産編3 | トップページ | 今日の買い物。通販です。 »

コメント

ラビットさんこんばんは。
これ完成していたのですね。どうなったかと心配していました。
流石に手慣れていて素晴らしい仕上がりですね。走行動画も見てみたいです。
うちのは空気作用管の製作をしなければならないのですが、そこで止まってます。正確に作らないと粗が目立ってしまうのですが、落ち着いて作業できる週末を待たないといけないので。

投稿: Salam | 2011年9月 2日 (金) 00時00分

こんばんは。
salamさん、ありがとうございます。
実は、その7の数日後には、完成していました^^;
普通に遊んでいたので気づきませんでした。
動画も、完成当初に撮影済みだったんですが、時間を見つけてUPしたいと思います。

HOだと、作用管は1本ずつまとめて作られるんですね。
実車をよく見るとまっすぐじゃないしバラバラな感じもしますが、模型だと恰好悪く見えてしまいますよね。
そのあたりは、Nだとエッチングで1つのパーツなので楽ちんですね。
毎日ブログをチェックして進展を楽しみにしてます!

投稿: ラビット | 2011年9月 2日 (金) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東邦亜鉛タキ15600を作る。その5。量産編3 | トップページ | 今日の買い物。通販です。 »