« ユニコーンガンダムを作る。完成。 | トップページ | 東邦亜鉛タキ15600を作る。その4。量産編2 »

2011年8月22日 (月)

東邦亜鉛タキ15600を作る。その3.量産編1

8月も下旬ですが、まだ5回しか更新してません。
最近では珍しいほど少ないです。

今日は、夏休み出勤の振替でお休みです。
午前中に少し時間ができたので、タキを進めます。

P1050773

前回作った試作品の経験を活かして。

それでは作業開始です。

いきなり、ぶつ切りしたタキ3000のタンクを使って。

P1050830

3分割したタンクのバンドモールドを削ります。

P1050831_2

外周は真鍮板の部品を巻きつけるので、平らになればOK程度です。
今回は、上部の切り取りはしません。

P1050833

Gクリアで接着してます。
Gクリアのほうが、位置決めの時間も余裕がありますし、乾燥後は十分に強度は出るので。

P1050834

1両だけ、ランボードを取り付け。
タンクの上半分を切り取っていませんので取り付け穴を開けなおしてします。
お店いわく、切り取るのが楽か、穴あけが楽か。これは製作者判断で良いそうです。

前回同様で、取り付けは半田付けです。

今日は、ここまで。

次回も引き続きほかの車両の部品付けです。

|

« ユニコーンガンダムを作る。完成。 | トップページ | 東邦亜鉛タキ15600を作る。その4。量産編2 »

コメント

おはようございます。
プラの上の薄板へのハンダ付け、もたもたしていたらおじゃんですね...
数があるから大変そうです。がんばってください!

投稿: Salam | 2011年8月22日 (月) 06時14分

こんばんは。
部品自体は薄くて熱引きも弱いので、点付でなんとかなってます。
たぶん、真鍮板を剥がすと大変なことになっているとは思いますが、外さないのでOKです。
数が多くて単純作業なのが少々つらいです。。。

投稿: ラビット | 2011年8月22日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニコーンガンダムを作る。完成。 | トップページ | 東邦亜鉛タキ15600を作る。その4。量産編2 »