« 東邦亜鉛トキ25000を作る。その10 量産編7 | トップページ | C61-20試運転。その2 »

2011年7月 1日 (金)

C61-20の試運転。その1

今日から夏季ピーク電力対応で、木金休みになります。
早速、会社の鉄仲間の先輩と一緒に、休みを有効活用(?)です。

Img_2840_2

C61-20の重連試運転があるということで撮影に行きました。
撮影地は、先輩お任せなので、ここはどこ?って感じです!?
まずは、練習で普通電車を撮影。

炎天下で待つこと2時間経過・・・。

やっと登場です。

C611_2

重連運転は初めて見ましたが、迫力がありますね。
今回の牽引客車は、「ばんえつ物語」の12系です。
あれ!?今日は、C61-20とD51-498のはずですが、C57-180が牽引しています。
ウワサで、D51が故障したらしいとのコトですが、本当のようです。
すぐに、DC群馬が始まりますので心配ですね。

撮影終了後に、急いで撤収して関越自動車道で移動。
水上ICで降りて移動。
諏訪峡のバンジージャンプの橋で撮影。

C612_2

煙が良い感じ。

C613_2

編成で撮影。

Img_2891_2

木の隙間から出てきました。この様な角度から実車を見ることも少ないので、Nゲージみたい!?

C614_3

橋の反対側から。
車輌中心の写真が多い自分の写真では珍しいアングルの写真だと思います。
こういった撮影も面白いです。

続いて水上駅に移動して、方向転換などを見学。

C615_2

方向転換を終えて、給水、点検のために留置線へ。
後ろにC57-180がいます。

Img_2973

定番アングル!?
このアングルの写真は、自分でも多いです。
今回は、「がんばろう日本!」のヘッドマーク付きです。
個人的には、ぐんまちゃんのヘッドマークが良いなぁ。。。。

Img_2968_2

C61-20が点検、給水中の間、C57-180は放置。
結構、まったり撮影でしました。

Img_2962_2

後ろを普通電車が通過。
C61を見た後だと、C57は小さいですね。
しかし、貴婦人の愛称通り、バランスの取れたスタイルです。

今回は、ここまで。
次回は、水上駅の続きと、復路の撮影レポです。

それでは、また次回。

|

« 東邦亜鉛トキ25000を作る。その10 量産編7 | トップページ | C61-20試運転。その2 »

コメント

写真でしかC61を見てないので迫力が計り知れないですが、貴婦人との重連…圧巻だったでしょう!
昔のような3重連が再現出来たらもっと迫力があるんでしょうね。
と言っても、スス汚れが半端じゃないでしょうけどね(笑

投稿: nono | 2011年7月 1日 (金) 00時21分

nonoさん。
こんばんは。
自分自身、蒸機の重連を初めて見ましたが、迫力がありますね。
C61,C57,D51の三重連なんていうのも見てみたいですね。
全く異なる形態の機関車を3重連というのは運転技術も大変なんでしょうね。

投稿: ラビット | 2011年7月 1日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東邦亜鉛トキ25000を作る。その10 量産編7 | トップページ | C61-20試運転。その2 »