« C61-20の試運転。その1 | トップページ | 群馬DC C61とC57の重連 »

2011年7月 1日 (金)

C61-20試運転。その2

木金休みになったことで、上手いこと撮影に行けたC61-20の試運転です。

水上駅で色々と撮影していますが、ドンドンメモリーカードの残量が無くなっていきます。

Img_2962

こちらでは、珍しいC57-180が見られるのは嬉しいことです。
恐らく、C61-20とC57-180の重連もなかなか見られない光景ですね。

それでは、水上駅の続きです。

C61-20の給水、点検が終わり、C57-180と交代です。

Img_2984

機関車入れ替え中。。。。

C571

続いてC57-180を点検、給水中。

Img_2999

公式側。
スノウプロウがありませんね。

Img_2982

C61-20の表記。
試運転の札が入っています。

Img_3003

C57-180の表記。
区名札が、高崎になっていますね。

C619

C57-180の点検、給水中の間は、C61-20は出区線で待機中。
このアングルが好きです。

昼食を食べるところを探して、駅へ。
結局食べずに戻るときに1枚。

Img_3016

何となく、好きなアングル。

その後、後閑駅付近へ移動しましたが、チビクロさんと合流するためさらに移動。
山の中腹から鉄橋を狙います。

C616

真横からの撮影になるので、編成を入れると小さくなるので、機関車を中心に。

C617

さらに、編成を入れて。
ここでも車輌と風景を絡めてみました。出来は別として。。。

最後は、いつも通り定番撮影地の渋川IC付近。

Img_3050

かなり西日が強く、顔はつぶれて横が光で飛んで。
機関車を中心に撮影。

C618

ズームを戻して編成で。
過去、同じ場所で3回C61を撮影しましたが、なかなか満足できる写真が無いです。

各撮影地では、平日にもかかわらず多くの方が撮影していました。
比較的マッタリ撮影できたので楽しかったですね。

腕と、顔が日焼けで真っ赤ですが、充実した1日でした。

それでは、また次回。

|

« C61-20の試運転。その1 | トップページ | 群馬DC C61とC57の重連 »

コメント

ラビットさんおはようございます(^^ゞ
C61とC57の夢の競演!!なかなかいい~感じで撮影されています!
私も時間とデジイチがあれば行きたいですがラビットさんの記事で楽しませて頂き感謝です!(^^)V
是非KATOさんにはC61の製品化して欲しいですね^^;

投稿: くさたん | 2011年7月 1日 (金) 05時49分

くさたんさん。
こんにちは。
C61、C57の競演、重連は、まさに夢のようです。
予定では、C61,D51のはずだったので、明日と合わせて2種類撮影できる予定でした。
C61のモデル化の企画候補になっているらしいので、ぜひC57Lもリニューアルしてもらって再現したいですね。

投稿: ラビット | 2011年7月 1日 (金) 18時36分

ラビットさん、こんばんわ。
C61とC57との重連ですか!
凄くいい感じではないですか。
試運転の方がギャラリーも少なく良いのではないではないかと思っております。
沿線に住まわれて羨ましいです(^^)

投稿: まいあ | 2011年7月 1日 (金) 23時00分

まいあさん。こんばんは。
メモリーカードが満杯になるくらいシャッターを切っていますが、なかなか満足できる写真は撮れませんね。
試運転で平日でしたが、結構なギャラリー(撮影者)が居ました。
しかしながら本番の2日,3日に比べれば人も少ないと思いますので、比較的ゆっくり撮影できたと思います。

投稿: ラビット | 2011年7月 2日 (土) 01時11分

ラビットさんこんにちは。
かなりの人出だったようですが、やはり木金休みの人が増えたからでしょうか。
重連の写真は難しそうですね。正面がちのアングルでは重連の迫力が出ないし、側面からだと小さく写らない。俯瞰で爆煙だと隠れてしまう。
汽笛の掛け合いも楽しいですし、重連はビデオが良いかも、と思いますす。

投稿: Salam | 2011年7月 2日 (土) 11時20分

Salamさん。
こんばんは。
各所では、平日にも関わらず人出は多かったですね。
私もそうですが、木金休みの会社が多いのでしょうか?
重連撮影は、アングルやロケーションが限られてくるので難しいですね。
一緒にコンデジで動画撮影もしましたが、やはり動画の方がいいですね。
今日も行って来ましたが、掛け合いの汽笛は面白いですね。

投稿: ラビット | 2011年7月 2日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C61-20の試運転。その1 | トップページ | 群馬DC C61とC57の重連 »