« 東邦亜鉛トキ25000を作る。その6、量産編3 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その8。量産編5 »

2011年6月 4日 (土)

東邦亜鉛トキ25000を作る。その7。量産編4

東邦亜鉛トキ25000を作る。その7です。
作業のボリュームがあるので、早いものでその7になりました。

前回は、エッチング板のパーツ類を半田付けを終わらせ、4両だけボディを削りました。

P1050587

疲れるので、4両。試作で2両作っていますので、半分が終わったことになります。

コレを越えれば楽しい(!?))組立てなのでがんばります。

ひたすらガリガリ・・・・。

Img_2597

前回の分と合わせて9両。
1両減っているのは、前回組立てをしたためです。

Img_2596_2

妻板部。
削りはバラバラですが、この程度ならOK。
この状態で、エッチング板を合わせて、微調整しておきます。

Img_2598

今度は、エッチングパーツを削ります。
はみ出した半田や、折り曲げの足を削っておきます。
結構、単純作業なので、4両分仕上げたところで、今日は終了です。

仕上がった分を・・・・。

Img_2599

Gクリアでパーツを接着。
この状態で、位置を修正しながら。

Img_2602

妻板も接着して、クリップで固定。
一晩置けば大丈夫。

Img_2603

端が浮きやすいので、クリップで固定します。
中央部は、浮きにくいのでOKかな?
エッチング板とボディに隙間が出来てしまうので、後でパテで埋めてみようか考え中。
素材が違うので相性もあるので、ちょっと心配。

引き続き、エッチングパーツの仕上げをしていきたいと思います。

それではまた次回。

|

« 東邦亜鉛トキ25000を作る。その6、量産編3 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その8。量産編5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東邦亜鉛トキ25000を作る。その6、量産編3 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その8。量産編5 »