« ペンギンモデル 東日本復興支援シール | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その6、量産編3 »

2011年5月30日 (月)

KATO 185系200番台をちょっと改造。

先日、買ってきたラウンドハウスの185系200番台湘南色。
以前買った185系200番台EXP185と連結させて、14両編成で遊びたくなります。

まぁ、お座敷運転で14両は長すぎるのですが。。。

P1050592

先日、湘南色を買ってきたときに一緒にTNカプラーも買ってきました。

早速、改造します。

185系の設計は古く、確か私が6年生の時に買ってもらった時から基本設計は変わっていないはず。
それなので、先頭車同士の連結をさせると、台車マウントカプラーでスカート首振りになります。

P1050615

それでも、今の車輌と並べてもあまり気にならないのは凄いことかも。
で、今回は、湘南色とEXP185色を1両ずつTNカプラー化します。

P1050616

分解です。
多分、基本設計は従来のままで、数年前に新室内灯対応になった程度の変化です。

P1050618

従来は、TNカプラー0334を使いましたが、スプリング入りのSPタイプに更新されたので型番は0336になります。
まずは、取付用のリブを切除して平らにします。

P1050619

シャシーにGクリアで接着します。
このときに、TNカプラーは、ボディ前ギリギリまで出します。
中心もチェックです。
この加工の難点は、TNカプラーによって、転換式マークのネジ穴がふさがれるのでボディを外さないとマーク転換が出来ないことです。
私の場合、EXP色は「あかぎ」、湘南色は「草津」、14両では両端を「あかぎ」にするので特に問題ないと思っています。

P1050620

スカートの加工です。
接着用の場所を残して切除。
実際は、TNカプラーの形状に合わせて現物あわせです。

P1050622

Gクリアでスカートを接着して位置を調整します。
強化スカート化は見送りです。

P1050623

外した部品を元に戻して、完成です。
同じ加工をもう一両行います。
スカートをGクリアせ接着しましたが、乾けば十分な強度は得られます。
外れても、修正が容易なのでお奨めです。

P1050624

先頭車ばかり4両ならべて。
真ん中の2両がTN化、両端はノーマルのままです。

P1050625

連結してみます。
結構、連結間隔は狭いです。
実車は、この程度だったと思います。

P1050626

カーブにて。
V11のカントレール内側ですが、余裕たっぷり。
以前、同じ加工を友人の185系に施しましたが、R280もクリアできています。

今回、ヘッドライトを点灯させた状態で撮影しましたが、マークの光り方がイマイチですね。
コレは、次回、白色LEDに交換したいと思います。

それでは、また次回。

|

« ペンギンモデル 東日本復興支援シール | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その6、量産編3 »

コメント

前に自分も買いましたと書いていて、
先日前照灯LED化が済んで返ってきました。
LED室内灯も組んでみたのですが、
乗員室の遮光をどうしましょう…?
自分も先頭はTN化する計画でしたが、
それ以前の問題ですね。
さて、どうするか…?

投稿: 闇鍋 | 2011年6月 3日 (金) 22時54分

闇鍋さん。
こんばんは。
LED化改造は戻りが早かったですね。
確かに、運転席から客室がシースルーですね。
湘南色には室内灯未装着ですが、EXP色には装備しています。
気にはなっていましたが、そのままにしてます。
やるとすれば、プラ板などで仕切りを作るしかないですね。

投稿: ラビット | 2011年6月 4日 (土) 01時30分

ジオタウンドットコムにあった

投稿: 横浜線 | 2013年3月12日 (火) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペンギンモデル 東日本復興支援シール | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その6、量産編3 »