« 今日はお出かけ。プラレール博2011 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その1 試作編1 »

2011年5月 6日 (金)

EF64-1000国鉄時代を作る。その1

EF64-1000の国鉄仕様を作る。その1です。

ふと考えてみると、私のコレクションにEF64-1000は多数有りますが、原色の普通のカマが無いことに気づきました。
原色は2両いますが、1030と1031の双頭連結車ですから。

P1050450

ベースは、以前買ってきた中古のEF64-1000です。
まずは、分解してみましたが、前のオーナーがナンバーを強固に接着しており外せず。
仕方が無いのでそのまま施工することに。

色々とやっていたら、途中写真無しにここまで。

P1050510

いつものEF64-1000と何が違うか。
これでは一緒です。

P1050513

ボディを全塗装して、インレタを貼り終えたところですが、JRマークは無しです。
国鉄仕様を考慮していますので。

P1050512_2

大きく違う(?)ところ。
今回、無線アンテナを撤去しています。
製品のアンテナ関係のモールドを切除して、取付け穴をランナー引き伸ばし線で埋めています。
屋根の塗りわけは、いつも通りなので違う可能性が高いですが、気に入っているのでOKとします。

P1050516

今回、屋根機器のパーツをGMの灰色9号で塗装しています。
これは、結構良い感じで使えそう。
EF62の屋根機器の塗装にもいけそうです。

P1050517

今作っているEF64-1000とは関係ないですが、排気口部を切除してみた試作品。
元モールド部を荒削りして穴を光硬化パテで埋めて成型。
サフを吹いてみないとわかりませんが、成功かも。

今日はここまで。

それではまた次回。

|

« 今日はお出かけ。プラレール博2011 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その1 試作編1 »

コメント

こんばんわ。

そうなんですよね、JRマークの釜ばかり加工しているとマークなしの釜も欲しくなったりします。
というより手に入れたJRマークを使いたくないということもありますけど(笑)
しかし同じ釜でも時代に合わせて作り上げられるのも模型の醍醐味なんですけどね。

投稿: まいあ | 2011年5月 6日 (金) 20時47分

こんばんは。
うちも国鉄時代を再現するつもりで買い込んだEF64-1000があります。
しかし、いまだにアーノルトカプラーが装着されたまま、ナンバーも付いていません。
しかしJR無線アンテナ付き、青屋根、JRマークなしというこの製品は果たしてどうしてこういう仕様になったのでしょうね。

投稿: Salam | 2011年5月 6日 (金) 22時06分

まいあさん。
こんばんは。
今回は、「能登」特集の本で見た客レ「能登」を牽引するEF64-1000を再現したくて、着手しました。
JRFカマや1001などばかりで、原色を所有していないこともあります。
牽かせる客車や時代に合わせて作り分けるのも楽しいですよね。

Salamさん。
こんばんは。
KATOのEF65-1000も同じくJR無線アンテナ付き、マーク無し、青屋根ですね。
個人的には、TOMIXの様にユーザー選択パーツにして欲しいところです。(インレタも付属してくれるとGOODです!)
まぁ、最近のKATOの販売形態を考えると難しそうですが。。。
SalamさんのEF64-1000国鉄Verも楽しみにしてますね!

投稿: ラビット | 2011年5月 6日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はお出かけ。プラレール博2011 | トップページ | 東邦亜鉛トキ25000を作る。その1 試作編1 »