« 「さよなら北陸」を見ていこう。その3 | トップページ | C61-20試運転。水上駅編 »

2011年4月25日 (月)

KATO EF62を見てみよう。

さよなら北陸と一緒に買ってきたEF62です。

実は、家での試走時にギヤから異音がしたため、本日交換してもらいました。

Img_1568_2

交換してもらった車輌は、前回より静かですが、若干気になるギヤノイズは残ります。
これ以上しても迷惑が掛かるので、ここでOKとします。

それでは、チェック。

まずは、全体像。

Img_1587

EF62は、鉄道文化村でも展示されています。碓氷峠の客レには外せないカマですね。
基本的には、現状製品と同等レベルの製品です。

Img_1589

屋根機器の白い部分は、別パーツになっています。
クレーンフックなどの取り付けには便利かも。
一部で話題になっている採光窓は青いです。
この辺はどうするかは要検討。

Img_1588

新系列では珍しいC+Cの車輪配置。
独特のジョイント音がいいですね。
ナンバーは、高崎のカマにしたいのですが、何番でしたっけ?
後でググリます。

Img_1591

正面から。
開放てこは、ボディではなくスカートについています。
エアーホースなども付けたいですね。
カプラーは、ナックルカプラー付属ですが、長いタイプなのでシャンク長の短いEF66ナックルに交換します。

どこまでの個体にバラツキがあるかわかりませんが、動力に関してはちょっと課題がありそう。
実際に集電板組み付け不良品を2両見ましたし。。。
6軸集電、6軸駆動にしたことは特筆できますが、サスペンション機構や6軸駆動によるギヤ増加がこの辺の悪さをしている様に感じます。

それではまた次回。

|

« 「さよなら北陸」を見ていこう。その3 | トップページ | C61-20試運転。水上駅編 »

コメント

お久しぶりです!
EF62買ったんですね!自分も欲しかったのですが、後から出るであろう(?)後期形に期待を寄せています。
ちなみに手すりは取り付け済みなんですか?

投稿: あさま37号 | 2011年4月25日 (月) 19時24分

こんばんは。
鉄道文化村に保存されている後期型も魅力ですね。
C’アンテナを付けて晩年の碓氷越えもいいですね。
バリ展は有ると思いますが、いつになることやら。

写真の状態は、買ってケースから出した状態です。
手すりなど細かいパーツは取付け済みです。
ユーザー取付けは、ナンバーとナックルカプラーへ交換する程度です。

また、沿線でご一緒しましょう。

投稿: ラビット | 2011年4月25日 (月) 21時29分

こんばんわ。
先日、KATOホビーセンターでじっくり見てきました。
後から加工の必要もないくらいですね。
あえて必要となるのがパンタグラフ周辺の加工でしょうか。
うちのEF62はTOMIX機に手を加えて54号機として作りましたので、今回のKATO機はパスしてしまいました。
でも、こちらを拝見したところ欲しくなってきました…

投稿: まいあ | 2011年4月25日 (月) 22時24分

こんばんは。

高二は7以外であればOKですね。
こちらの情報が正しいようです↓
http://w1.avis.ne.jp/~jnref62/html/ef62/ef62_index.html

屋根グレー部分はモニタとパンタ下部分が一体なんですね~。ちょっと塗装を変えようと思っていたので、これはこれで面倒かも。。。

投稿: かっぺ | 2011年4月25日 (月) 22時33分

まいあさん。
こんばんは。
EF62は、動力にバラツキがあるものの、全体的には非常によく出来ていると思います。
ぜひ、製作された54号機と並べてください!
まいあさんが手を入れたKATOのEF62も見てみたいですし。

かっぺさん
こんばんは。
情報ありがとうございます。
早速、参考にさせていただきます。

パーツ単体で外せそうなので、マスキングなどはやり易いかもしれないですよ。

今から、皆さんがどんな風に味付けするか楽しみです。

投稿: ラビット | 2011年4月26日 (火) 19時59分

ラビットさんこんばんわ(^^ゞ
さよなら北陸:EF62などなど御入線おめでとうございます!!
特に62は皆さん愉しみ方が色々で碓氷峠で63ととか国鉄末期の東海道荷物列車運用などなど他にも高崎線の旅客や貨物でも・・・いろいろと楽しめますね~(^^)
ラビットさんは碓氷峠でしょか?

投稿: くさたん | 2011年4月26日 (火) 20時58分

くさたんさん。
こんばんは。
やはり、私の場合は土地柄で碓氷峠ですね。
出来れば、後期型でC’アンテナを付けて63と組み合わせる客レもいいですね。
PPでも3重連でもどちらでも迫力があっていいですね。
高崎線客レなどなど楽しみ方が色々有って調べるもの楽しいかもしれないです。

投稿: ラビット | 2011年4月26日 (火) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さよなら北陸」を見ていこう。その3 | トップページ | C61-20試運転。水上駅編 »