« C61-20試運転。走行編その2(4月27日) | トップページ | 秩父鉄道で撮影です。 »

2011年4月30日 (土)

KATO EF62プチ加工。

先日買ってきたKATOのEF62ですが、いつものように手を入れようと思います。

まずは、買って来たままの状態です。

Img_1586

製品の出来は良いものなので、そのままでも十分なのですが、例によってプチ加工です。

それでは、作業開始です。

いつものように、加工に夢中で途中写真無しで。。。

Img_2110

パッと見ると、カプラーが変わってナンバーが付いただけ。
それではプチ加工ではないですね。

ちゃんと手を入れていますが、わかりますか?

Img_2117

エアーホースが付いていないので、イマイチ変化に乏しいですが、手すりが真鍮線に変わっています。
いつも通りで、穴をランナー線で埋めてφ0.3ドリルで穴あけ、φ0.2真鍮線で作った手すりを取り付けて完成です。

ナンバーは、11号機にしました。

Img_2121

屋根上。
避雷器、信号炎管、ホイッスルカバー、パンタをプライマー処理後に塗装しています。
信号炎管、ホイッスルカバーは、モリタ青15号、避雷器、パンタはGMカラーねずみ色1号です。

これで、プラ独特の質感はなくなったかと思います。
前回、EF510で標準の信号炎管を塗装処理しましたが、これが結構良い感じなので、銀河のパーツを使わなくてもいいかもしれないと思っているのですが。。。

Img_2120

正面から。
エアーホース類は、手持ち材料が終わってしまったので未加工です。注文しなければ。

Img_2123

側面です。
「これぞ自己マン」という加工です。
台車をセミグロスブラックで塗装しています。
製品のままのプラスチッキーな質感を無くす目的です。
また、元の成型色は黒っぽいだけで、黒くないので。。。

今回のプチ加工はここまで。
部品が入手できたら、スカート周りと屋根の白い部分のプラスチッキーなテカリを無くすべく、塗装したいと思います。
採光窓の色入れは多分やらないと思います。

それでは、また次回。

|

« C61-20試運転。走行編その2(4月27日) | トップページ | 秩父鉄道で撮影です。 »

コメント

ラビットさんこんにちわ(^^ゞ
EF62プチ加工 乙です(^^)
ラビットさんらしいこだわりが伝わってきますね~
以外に信号炎管なんかはプラパーツのまんまで済ます事が多いのですがパーツひとつにもこだわりが感じられます(^^)V
KATOの塗装はTOMIXに比べて控えめですがプラ感覚は出てしまいますね~
下回りは黒が強調されて引き締まった感じでとてもイイ出来です(^^)V

投稿: くさたん | 2011年5月 1日 (日) 15時35分

くさたんさん。
こんばんは。
最近、手持ちパーツの在庫も減ってきて、つい手抜きでw
純正パーツは、軟プラなので塗装しにくいので、なかなか手を入れにくいということもあります。
最近は、プライマーの性能が良くなったので、私自身、純正パーツ色入れする機会が増えると思います。

投稿: ラビット | 2011年5月 1日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C61-20試運転。走行編その2(4月27日) | トップページ | 秩父鉄道で撮影です。 »