« 今日の買い物。EF62と北陸 | トップページ | 「さよなら北陸」を見てみよう。その2 »

2011年4月24日 (日)

「さよなら北陸」を見てみよう。その1

昨日買ってきました「さよなら北陸」ですが、まだ部品は付けていないものの、とりあえずどんなモデルか見て行きます。

細かい部分の間違いがあるかもしれませんが。。。

Img_1570_2

長くなりそうなので、何回かに分けてチェックしていきます。

まずは、カマから。

さよなら北陸には、EF81とEF64-1000がセットになっています。

Img_1573

EF64-1000は完全新規、EF81は動力改良とのコトで従来のモデルとは違います。

今回はEF81を見て行きます。

P1050460

151号機なので、双頭連結装備車です。
EF63に付属の連結器と同じですね。
「富士・はやぶさ」セットと同様で誘導員手すりが別パーツ化されています。

P1050461

スカート周り。
ジャンパ栓の配置が独特の配置になっています。
ボディ側のジャンパ受けはスカート側にモールドされています。
この辺は、KATOのパーツで修正したいところ。
エアーホースと一緒に加工します。

P1050463

試しに、以前TOMIXから限定で発売されたEF81長岡ヒサシつきと並べます。
色目はほぼ同等です。ボディ自体は大きく手が入っていないように思えます。
ヒサシは、KATOでは別パーツでしたが、今回も一体モールドです。

P1050464

長岡ヒサシつきには、KATOの双頭連結ナックルカプラーをつけて「なんちゃって双頭車」にしていました。
KATOに比べてカプラーのシャンク長が長いので、正直格好悪いです。
元々、機構上仕方の無いところですが。。。。
客車もナックルにするつもりなので、KATO双頭連結に交換します。

P1050466

一番の違いである動力ユニット。左が従来、右が新型。
今回からフライホイール付きになったので、非常にスムーズで静かです。
最近のTOMIXの機関車動力はすばらしいですね。
運転室表現は、従来ユニットではダイキャストを組み付ける部品を兼ねた簡素なものでしたが、新型では、同社のEF65などと同じく、ボディ側に運転室パーツを付ける構造。
運転席の表現もきちんとしています。

P1050467

EF81なのに、ライト点灯ON/OFFスイッチ!?
これは、次回紹介です。

ボディの赤は従来品では赤塗装でしたが、今回は赤成型で無塗装みたいです。
これだと、窓下手すりなどは色差し無しで別パーツ化して、クリアで整えれば大丈夫そう。
近々チャレンジするかも知れません。

それでは、また次回。

|

« 今日の買い物。EF62と北陸 | トップページ | 「さよなら北陸」を見てみよう。その2 »

コメント

>>今回は赤成型で無塗装みたいです。

TOMIXED75/79シリーズと一緒ですね。
正直プラスチッキー感が何とも言えず、全塗装したい衝動に駆られました。

最近のTOMIX赤釜は何故かクリアで済ませるんですね。

投稿: かっぺ | 2011年4月24日 (日) 21時57分

こんばんわ。
TOMIXのEF81もフライホイール搭載なのですね。
今まででも結構スローは効く方かなと思ってました。
牽引力はどうでしょうか。
ひさしは一体成型となるあたりTOMIXらしいですね。

投稿: まいあ | 2011年4月24日 (日) 22時08分

かっぺさん。
確かに、プラスチッキーな感じはしますが、EF65-1118ほどではないですね。
言われなければ気づかない人も多いかと。
有る意味、塗装車と遜色ない色を成型で出すというのも凄いことかもしれないですね。

まいあさん。
コメントありがとうございます。
牽引力は、試していませんが北陸8両は問題なく。(当たり前ですねw)
車体の重さは、持った感じでは従来のEF81と変わらない気がします。明らかにKATO81より重い感じです。
後ほど、鬼門である夢空間12両編成でも試してみます。

投稿: ラビット | 2011年4月25日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の買い物。EF62と北陸 | トップページ | 「さよなら北陸」を見てみよう。その2 »