« D51-498G3デフ&鷹取集煙装置付きを作る。その5 | トップページ | 鉄道模型のLED工作。その1 »

2011年2月27日 (日)

D51-498G3デフ&鷹取集煙装置付きを作る。その6完成!

D51-498G3デフ&鷹取集煙装置付きを作る。その6です。

前回までに後付パーツの塗装も終わったので、いよいよ仕上げ。

P1050373

塗装する前に、煙突を短く削っておきました。

それでは、完成状態を見てみます。

こんな感じになりました。

Img_1069

まずは、自分用。

Img_1073

こちらは友人からの依頼品。
どちらもまずまずの仕上がりだと思います。
まぁ、友人の大切な車両を壊すわけには行かないですから。

Img_1055

煙室扉のハンドルが別パーツになっているこちらが自分用。
煙室扉ハンドルは、プライマー→黒→クレオススーパーゴールドで塗装。
結構立体的で良い感じです。ちょっと骨太かもしれませんが。

Img_1066

非公式側。

Img_1058

横から。
デフのマークは、塗装後にデフのモールド部分をデザインナイフで磨きました。
集煙装置の切替部品は、元のステップパーツを前後逆にして取りつけて接着してます。
レバーリンクは、φ0.2真鍮線を半田付け。

Img_1079

今回、ボイラー、キャブ、ランボード、テンダーボディは半艶クリアでコート。
そのほかの黒部品は、すべてセミグロスブラックで塗装後に半艶クリアでコート。
艶の感じが統一できたかと思います。
ちなみに、先輪はワールド工芸のスポーク先輪に交換しています。
最後の1個を使ってしまいました。。。。

このアングルで見ると、煙室扉ハンドルが立体的になっているのがわかると思います。

Img_1081

ケースに収納。
集煙装置レバーとテンダーの別パーツ化した手すりがウレタンに干渉するのでカット。
車両下に付ける樹脂製のスペーサーのおかげで、デフに負担をかけずに収納できます。
これは凄くうれしい構造です。

Img_1061

車両に戻って、後ろから。
テンダーの手すり関係は、それなりに見栄えがしました。
あっ!!!!手すりのつけ忘れがある orz...
後で付けておきます。まぁ、自分用だけなので、ゆっくりと。

Img_1054

最後に、D51-498の3両並び。
一番左の標準仕様に比べると、かなり印象が違いますね。

今回、ナンバーの色変えは行いませんでしたが、これで狙っていた498号機2種類が揃いました。
ナンバーの色変えは、また今度ですかね。

それでは、ドンドン遊びたいと思います。
例によって、近くエル・ホビーさんで展示してもらう予定になっています。

それではまた次回。

|

« D51-498G3デフ&鷹取集煙装置付きを作る。その5 | トップページ | 鉄道模型のLED工作。その1 »

コメント

完成おめでとうございます♪

素晴らしい仕上がりですね。

ただでさえ細かく表現された498がさらに進化したと思います。

煙室扉のハンドルも実寸からするとオーバーなのかもしれませんが、模型的な表現から考えれば相応しいサイズだと思います。

うーん、これは真似したくなりますねwww

投稿: かっぺ | 2011年2月28日 (月) 01時00分

完成おめでとうございます!

現行仕様も欲しくなっちゃいますね。
煙室扉ハンドル、やっぱり良いですねえ。

投稿: Salam | 2011年2月28日 (月) 06時58分

ラビットさんおはようございます(^^ゞ
おお~これは!!素晴らしい出来栄えですね~!
全体的に立体感があってとても重厚感が表現されていいですね~(^^)V
これならエルホビーさんのウインドーでも注目の的になりますね~(^^

投稿: くさたん | 2011年3月 1日 (火) 06時37分

かっぺさん。
ありがとうございます。
煙室扉ハンドルは、やはり骨太ですね。
しかし、モールドと違った存在感があり、気に入ってます。
ぜひ、蒸機にも手を出しませんか!?(誘惑・・・)

salamさん
ありがとうございます。
大変でしたが、2両並べるとやっぱりいいですね。
地元の車両なので、やはり外せません!
煙室扉ハンドルはお奨めです。
手持ちのC62やC57にも使いたくなります。
現行仕様もいいですが、重装備の標準機も欲しいですw

くさたんさん。
ありがとうございます。
色々とパーツを付けたので、製品には無い立体感は出たかと思います。これは好みもありますが。。。
車両はすでにエルホビーさんに展示してもらっています。
やはり来店された方の反応は気になりますね。
以前展示してもらった車両も、じっくり見ている方がいると嬉しいやら、恥ずかしいやらです。

投稿: ラビット | 2011年3月 1日 (火) 20時47分

ラビットさん

いやいや、重装備は行っとくしかないですよ。
種車の在庫が払拭してしまう前に。
自分の車両ではないとはいえ、面白かったですよ。
結局Assyボディを含め、5両も改造しましたけど、飽きないです。
長野は長野の良さ、鷹取は鷹取の良さがあるので恐らく敦賀も迫力だろうと思います。テンダーに1klタンクを搭載するのも面白そうです。

とりあえず、C571の入線まで加工はお預けですけれども。

投稿: Salam | 2011年3月 1日 (火) 22時28分

salamさん。
本当は欲しいです。
元々出来の良いベース車なので、改造も飽きないですよね。
家から1時間位離れたお店で在庫を確認しているのですが。。。(昨日の話です)
しかし、今買ってしまうと「さよなら北陸」に「さよなら」されてしまうので我慢します。
KATOから標準タイプが出たら複数買って挑戦することにします。

投稿: ラビット | 2011年3月 2日 (水) 01時03分

ラビットさん,完成おめでとうございます。私も作りたいのですが,プライマーがどのようなものを使ったらいいかわかりません。差支えなければ,D51の塗装に使ったプライマーの銘柄を教えていただけますか? あと,デフの塗り方のコツなども教えて頂ければ助かります。

投稿: よっしー | 2011年4月21日 (木) 22時11分

すみません,ラビットさん。追加ですが,デフの裏側はどうやって塗ったかも教えてください。

投稿: よっしー | 2011年4月21日 (木) 22時14分

よっしーさん。こんばんは。
プライマーですが、最近はガイアノーツのマルチプライマーを使っています。
これは、改造されている方の定番化している「ミッチャクロン」をガイアノーツブランドで発売しているものです。色々とプライマーを試しましたが、性能は一番だと思います。
ガイアノーツ取扱店であれば容易に入手できるのでお奨めですが、エアーブラシが前提になるのが難点です。
希釈無しに吹けるので楽ですが。

デフ裏ですが、分解するとデフ周りが分離されるので、元のデフをカットしてG3デフをつけます。
前の自作したステー部分はこの段階でデフに半田付け、整形しておきます。
この状態でエアーブラシを使って塗っています。
エアー圧を低め(0.6kg程度)で薄く何度も吹き重ねています。(もちろん、プライマー→黒の順です)
時間が掛かりますが、とかく塗り難い部分なので、少しずつ薄くが鉄則ですね。

投稿: ラビット | 2011年4月22日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D51-498G3デフ&鷹取集煙装置付きを作る。その5 | トップページ | 鉄道模型のLED工作。その1 »