« またまたEOS 7Dの話。 | トップページ | KATO EF64-37をプチ改造。その1 »

2010年12月16日 (木)

TOMIX EF65-1127をプチ改造 その1

TOMIXから少し前に発売されたEF65-1127とEF65-57の限定セット。
私も買って、一部手を入れていますが、今回友人からの依頼で先日出場した状態を再現するべくプチ改造です。

P1030016

今回は、窓下手すりを施工しない以外はいつものメニュー。

隣のEF65-57は、別の機会に加工します。

それでは作業開始。

まずは、全検でどの様に変わったか。
特徴である貫通扉のカラシはそのままです。

実車の写真は、美輝川さんが撮影したものを許可を頂いて掲載しています。

20101202img_6208

前面を見ると、スカートのエアーホースが運転席側1箇所で他は撤去されていましたが、助手席側の一番外側も追加されています。
また、窓と貫通扉の間にあった黒塗装も省略されています。

また、横ではメーカープレートが、左右同色の白になっています。

Img_0257

まずは、台車を塗装。
製品のグレー台車よりも濃い目のグレーになったので、GMダークグレーで塗装。
2両分あるのは、ついでにEF65-1094(予定)の分も一緒に塗ったので。

Img_0260

スカートは、エアーホース取り付け準備をして台車と同じGMダークグレーで塗装。
エアーホース撤去跡は、元モールドのコック部分を削り落として再現してみました。

Img_0267

エアーホースを取り付けます。
今回も、ロストワックス製の銀河モデルN301エアーホースです。
コック部分は、後で色差しします。

Img_0269

塗装乾燥後に下回りを組立て。
速度検出器はつけていませんが、最後に自作して付ける予定。

Img_0270

ボディを被せます。
何も付いていないので微妙。
次は、ボディを作りたいと思います。

今日はここまで。

また次回です。

|

« またまたEOS 7Dの話。 | トップページ | KATO EF64-37をプチ改造。その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまたEOS 7Dの話。 | トップページ | KATO EF64-37をプチ改造。その1 »