« ワールド工芸HD300を作る。その9 | トップページ | EF64-1000の改造ネタ。 »

2010年11月 1日 (月)

ワールド工芸HD300を作る。その10

ワールド工芸HD300を作る。その10です。

昨日は、塗装を行いました。
前面の手すり以外は塗装を完了しています。

P1040946

このキットの場合、パーツごとに塗装をして最終的に組み立てる構造です。
したがって、最終的な組立ては半田付けではなく、接着剤となります。

それでは作業開始。

まずは、これから。

P1040955

組みあがったボディと横のランボード部分を組立て。
この段階では、接着していません。

P1040956_2

前後のステップをつけます。
ステップをつける場合、各部分の差込を行いながら組むので、ランボードとボディを先に接着すると作業がしにくいと思います。

P1040957

屋根と、アンテナ、信号煙管も接着。
屋根は、Gクリア、アンテナ、信号煙管は、瞬間接着剤です。

P1040958

ボンネットの屋根と横の手すりを接着。
これらも全部Gクリアです。
各部の差込足は、見えるところは接着後に切断、見えないところは、足を曲げて接着しています。
固定前に、歪みの確認を忘れずに。

P1040959

ナンバープレートを付けて下回りと合体。
ナンバーは、モリタのサンドイエローで塗装後にナンバーを磨きだし。

P1040961

真正面から。
平らなところに置いたときに傾きが無いか確認。
傾きがあるときは、メインフレームを曲げて調整します。

P1040964

横から。
JRマークのプレート、メーカープレートなどは、ボディ色で塗装後に磨きだし。

今日はここまで。
先にここまで来てしまいましたが、まだ前面の手すりが完成していません。
早いところ手すりを完成させなければいけません。

それではまた次回。

|

« ワールド工芸HD300を作る。その9 | トップページ | EF64-1000の改造ネタ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸HD300を作る。その9 | トップページ | EF64-1000の改造ネタ。 »