« ペアーハンズ製UM14Aコンテナを作る。その2 | トップページ | ワールド工芸HD300を作る。その3 »

2010年10月 6日 (水)

ワールド工芸HD300を作る。その2

今日は、ワールド工芸HD300を作ります。
前回は、台車枠、メインフレームを作りましたが、次に進むには塗装が必要なのでちょっと放置。

P1040551

今回は、キャブ周りを作りたいと思います。

それでは作業開始。

まずは、今日の状態。

P1040574

写真がピンボケですが、キャブと屋根。

P1040575

屋根はフック、ホイッスルなどを取り付け。
大きいほうのホイッスルの片側を半田付けしましたが、曲がっています。
後で一度外してから最終的に接着で取り付けたいと思います。

ちなみに屋根パーツは塗装後に接着する指示になっています。

P1040576

キャブです。
思いのほか綺麗に仕上がりました。
経験上、スムーズに作業が進む=綺麗にできる法則は絶対にあると確信。

P1040578

サッシ枠と窓のHゴムはステンレス製の部品を半田付け。

P1040580

サッシは3層構造で立体的です。
少量の半田で点付けしていくのがよさそうです。

P1040581

反対側も同じくサッシとHゴムを半田付け。

P1040586

裏側には、フレームとねじ止めするための梁が入ります。
この状態になれば、強度は十分出ているので歪みの心配はなくなります。(もちろん常識の範囲で)

P1040587

メインフレームに乗せただけですが、こんな感じになるのかと勝手に想像。

今回は、作業がスムーズに進行したので短時間ですが、色々と作業できました。
仕上がりもなかなか満足できるレベルだったかと。
半田付けも点付けから本付けのステップは重要だと今更認識。

今日はここまで。
次は、ボンネットに移りたいのですが、地味に手すり関係が多いので大変そうです。

それでは、また次回。

|

« ペアーハンズ製UM14Aコンテナを作る。その2 | トップページ | ワールド工芸HD300を作る。その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペアーハンズ製UM14Aコンテナを作る。その2 | トップページ | ワールド工芸HD300を作る。その3 »