« 今日の買い物。KATOタキ1000 | トップページ | ペアーハンズ製UM14Aコンテナを作る。その2 »

2010年10月 4日 (月)

ワールド工芸HD300を作る。その1

ワールド工芸HD300を作る。その1です。
仕掛中のはずのC57 4次型は、実は完成していて196号機として元気に特急かもめを牽引中。
コレはまた後ほど紹介するということで、HD300を始めます。

P1030968

今年のJNMAでイベント限定品として発売されたもの。
正直、実車を製品で知るという状況ですが。。。

それでは作業開始。

まずは、部品。

P1040001

蒸機ばかり作っているので、部品点数は少なく感じます。

P1040550

まずは、動力ユニットから。
細かくは、他に部品が必要ですが写真の2枚のエッチング板で下回りが完成することになります。

P1040551

コレが台車になります。
台車枠はエッチング板ですが、枕バネはホワイトメタル製を接着します。
構造上、このエッチング板は車輪の軸受けも兼ねているので塗装してからの組立てです。

P1040552

コレがメインのフレームになります。
両端の穴にボスを入れて台車の首振り軸になります。

P1040553

床下機器。
エッチング板を箱状に折り曲げてベースに取り付け。
箱5個とATS車上子が付くので、びっしり詰まっています。

P1040556

フレームには、M1.4ねじで固定。
あらかじめ、フレーム側にM1.4のタップでねじを切っておきます。

と、ここで2時間経過。
これ以上やると雑になるので終了です。

まだまた形らしい物が無いのでさびしいですが、ボディに移ればと思います。

それでは。

|

« 今日の買い物。KATOタキ1000 | トップページ | ペアーハンズ製UM14Aコンテナを作る。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の買い物。KATOタキ1000 | トップページ | ペアーハンズ製UM14Aコンテナを作る。その2 »