« ワールド工芸HD300を作る。その6 | トップページ | 久々に行ったAlexでの動画。 »

2010年10月19日 (火)

ワールド工芸HD300を作る。その7

ワールド工芸HD300を作る。その7です。

HD300をはじめると、こちらが楽しくなって、EF64-67は放置!?
一応、IPAプールから出て塗装待ちです。

P1040760_2

HD300は動力ユニットも完成して、走行できる状態に。
今日も作業中に慣らし運転をした結果、かなりいい感じ。
もう少し詰めるなら、ウエイトを積んだほうが安定するかもしれません。
ウエイトは、また後で考えます。

それでは作業開始。

ボディ、動力は完成しているのでデッキ部分です。

P1040754

凸形状に板を折り曲げてベースに半田付け。
組み付け前にカプラー用のねじ穴M1.2のタップを忘れずに。
説明書に組立て順番が記載されているので、手順に沿って組立てです。

P1040755

ひっくり返して。
裏には、スノウプロウが付きます。

P1040758

ステップの網目。
こちらのパーツは、別パーツでベースにつけます。
半田で始めましたが、真っ直ぐ付けるのが困難なので、すべての半田付け作業終了後に瞬間接着剤で接着しました。

P1040759

前面の手すり。
こちらは一体モノを曲げて作ります。
特徴的な3灯ライトも一体で、折り曲げで厚みを出します。
開放てこは別パーツです。
他の方のブログで、ライトにチップLEDを仕込んだ例がありましたが、そんな技量は無いのでダミーとします。
前面のゼブラマークの目安線がモールドされているので親切です。

P1040762

で、やってみたくなるのがボディとの合体。
このキットの場合、塗りわけの関係でボンネット前後、キャブ、ステップ前後などのブロックごとに塗装してに組み付ける構成です。
まぁ、そのほうがマスキングが楽なので、仕上がりも期待できます。

P1040763
前面のステップ周り。
面取りが完全ではないのでちょっと浮きがありますが、大きな歪みはなさそうです。

P1040764

横から。
後ろ側が垂れていますが、差し込んであるだけなので問題ではないです。
コレで部品の組立ては完了していますので、細かい部品切り出しと細かい部分の面取りが終わればいよいよ塗装に移ります。
問題は、赤をどのように作るか。
ワールド工芸の方に教えていただいたのは、DE10更新車やEF510-0に使われている赤で良いとのこと。ワールド工芸さんでも自家調色されたとのことです。

今日はここまで。
それでは、また次回。

|

« ワールド工芸HD300を作る。その6 | トップページ | 久々に行ったAlexでの動画。 »

コメント

いよいよ形になってきましたね!
完成まであともう少し。仕上げを楽しみにしています。

投稿: salam | 2010年10月19日 (火) 23時24分

salamさん。
こんばんは。
形にするまでは比較的順調でしたが蒸機と違って、塗装が色々とあるので大変そうです。
塗装は作戦を考えながらじっくり進めるつもりです。

投稿: ラビット | 2010年10月20日 (水) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸HD300を作る。その6 | トップページ | 久々に行ったAlexでの動画。 »