« UM14A無蓋コンテナキット | トップページ | EF66-38を作る。その2 »

2010年9月14日 (火)

EF66-38を作る。その1

次回のカマ改造ネタです。
自身初だと思いますが、EF66に手を入れます。

P1120491

ベースは、TOMIXのEF66JR貨物更新機です。
EF66自体は、あまり馴染みが無いのですが、最近高崎線にも入るようになって来たので気になる存在。

早速開始。

まずは分解。

P1040431

前面のパーツ割りはこんな感じ。

P1040432

屋根周りの手すり、フックを別パーツ化。
削った跡に素地の青が見えるので色さし。

P1040453_2

GMカラーのねずみ色1号で削り跡をタッチアップ。
目立たなくなりました。

P1040452

窓下手すりは、真鍮線から自作。
ボディに合わせて曲げて、中央の足は半田付けしています。

P1040451

全部で6本作ってやっと満足いく2本が完成。
誘導員手すり部分はランナー引き伸ばし線で穴埋め。
接着剤乾燥後にφ0.3の穴を開けます。

冷静になって考えると、今までのEF65やEF64などは、平面的な前面でしたが、EF66は立体的なので大変なんですね。。。。

大変といっても完成させないといけませんので、がんばります。

それではまた次回。

|

« UM14A無蓋コンテナキット | トップページ | EF66-38を作る。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UM14A無蓋コンテナキット | トップページ | EF66-38を作る。その2 »