« ワールド工芸C57九州型を作る。その3 | トップページ | EF64-0をちょこっと改造。 »

2010年8月14日 (土)

EF510-500をちょっと改造。

先日買ってきたEF510-500を部品取り付けついでにちょっと改造?
まぁ、改造と呼べるレベルかわかりませんが、手を加えたということで。

P1040184_2

コレは買ってきたままの状態。
部品付けと言ってもナンバーをつけるだけです。

それでは作業開始。

EF510-500を買ってきて気になったのがガイシの色。

P1040190

製品のままでは、ガイシの色は白です。
実車は、グリスが塗られて緑色。
通常上から見ることが多い鉄道模型では目立ちます。

そんなわけで分解。

P1040297

ピンセットで高圧線パーツの燐青銅線を曲げないように注意しながら外し、ボディを外して裏から屋根の爪8箇所を外せば屋根だけ外せます。
屋根からパンタを外して、ガイシパーツを外してエアーブラシで塗装。
今回は、ガンダムカラーのグリーン4(量産型ザクの頭、手足の色)を使いました。

P1040300

パーツ類を元通りに取り付けて完成。
コレで実車の印象に少し近づいた気がします。

P1040298

ガイシを屋根につけるとき、こすれて凸部の色が剥げてしまうので、面相筆で仕上げ。
ガイシの先端はエナメルカラーのクロームシルバーで色指し。

P1040299

ガイシパーツのほか、色々とプライマー処理したい部品が有ったのでついでにパンタも塗装。
プライマーは、レボリューションファクトリーの「軟質プラに効くプライマー」です。

こうなると、スカート周りや手すりの金属パーツ化などをしたくなりますね。
あと、屋根のフック関係の別パーツ化も。

その辺は、後々やっていきたいと思います。

それではまた次回。

|

« ワールド工芸C57九州型を作る。その3 | トップページ | EF64-0をちょこっと改造。 »

コメント

こんにちは!
残暑お見舞い申し上げます・・・つか、暑さはもうコリゴリですね。

EF510-500、自分も屋根をバラして碍子塗装しました。戻す時にどうしても剥げちゃいますが、実車もかなり塗りムラがあるのでそれも味かなとw
サスペンション機能で車軸がズレちゃうのがちょっと難点ですねぇ。

投稿: こすずき(こす) | 2010年8月23日 (月) 19時15分

こんにちは。
厳しい残暑が続いていますが、お変わりないですか?
こちらは、関東でも有名な猛暑地帯なので、休みに息子と外遊びは厳しいです。(まさに滝汗・・・)

EF510-500のガイシの解釈は良いかもしれないですw
車軸ズレは、私の場合あまり気にならないですね。
私がルーズなのか、製品が当たりなのか。。。(笑)

投稿: ラビット | 2010年8月23日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C57九州型を作る。その3 | トップページ | EF64-0をちょこっと改造。 »