« ワールド工芸C57九州形を作る。その2 | トップページ | EF510-500をちょっと改造。 »

2010年8月13日 (金)

ワールド工芸C57九州型を作る。その3

ワールド工芸C57 4次型九州を作る。の続きです。

仕事は夏休み中ですが、昼間はなかなか模型をいじる時間もなく、できることといえば息子と走らせて遊ぶ程度です。

ということで、普段と変わらず夜の作業になります。

P1040222

細かい部品の組み立ては残っていますが、一応、テンダーが形になりました。

今日から本体です。

それでは今日の作業結果。

こんな感じです。

P1040225_2

キャブ、ボイラー、ランボードを組み付け。
写真では、煙突が曲がっている漢字もしますが、実物はちゃんと取り付けできています。

P1040226

キャブハシゴは、走行モデルにする場合、1段切り取るとの説明があります。
まだ切除していません。
キャブは後退角があるので、自分としてはC62より難しかった気がします。

P1040227

キャブの中。
あまり良く見えませんが。。。。

P1040229

助手席側のヒサシがちょっと失敗気味。
リカバーしてみましたが、塗装後にどこまで目立たなくなるか。。。。

P1040230

運転席側は、まずまずの仕上がりですかね。

これから配管類などの細かいパーツの取り付けに移りますが、今日はここまで。
やってみて、C62と比べてボイラーが細い分、コテを入れにくいので大変です。

それではまた次回。

|

« ワールド工芸C57九州形を作る。その2 | トップページ | EF510-500をちょっと改造。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C57九州形を作る。その2 | トップページ | EF510-500をちょっと改造。 »