« ワールド工芸C57九州形を作る。その1 | トップページ | ワールド工芸C57九州型を作る。その3 »

2010年8月12日 (木)

ワールド工芸C57九州形を作る。その2

引き続きC57 4次型九州を作ります。

前回は、テンダーのボディの基礎と動力を作りました。

P1040044

妻板側は、細かい部品が多いので、ちょっと大変です。

それでは作業開始。

今日の結果。

P1040223

解放テコ、カプラーマウント、テンダーライト&配線を付けます。
テールライトは、エポキシ接着剤に赤を混ぜたものを使う様に指示されていますが、銀河モデルなどの汎用パーツを使っても良いかもしれません。
カプラーは、指定のKATOマグネのMT7を使う予定。
蒸機暖房ホースは銀河モデルのパーツを準備済み。

P1040222

機関車側の妻板。
つなぎ目が少しはんだ過剰なので、キサゲ刷毛で整えようと思います。

P1040224_2

横から。
まぁ、特に何もなく。。。

ちょっと今日は遅いのでここまでで作業終了。
次は本体側の作業になると思います。

それではまた次回。

|

« ワールド工芸C57九州形を作る。その1 | トップページ | ワールド工芸C57九州型を作る。その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C57九州形を作る。その1 | トップページ | ワールド工芸C57九州型を作る。その3 »