« EF64-1000双頭連結車を作る。その6完成 | トップページ | ワールド工芸C57 4次型を見てみよう。 »

2010年7月 7日 (水)

ワールド工芸 スポーク先輪を使ってみる。

JNMAで買ってきたワールド工芸製スポーク先輪。
8軸で定価2310円と車輪としては非常に高価だと思います。
ちょっと考えていましたが、今回安く買えたので買ってみました。

P1030966

箱の上に乗っている透明のプラ製箱がそれです。

早速中身を見てみます。

P1030984

今回、KATOのEF15とEF16に使おうと思います。
まずは、ノーマル状態。
良くできた先輪ですが、スポークが抜けていないと言うことが分かります。

P1030985

スノウプロウを外すとよくわかります。
まぁ、ノーマルでも別に気にならないと言えばそれまでですが。。。。

で、比較してみます。

P1030986

左がKATO製品付属品、右がワールド工芸製。
スポークの足が長く、シャープに見えます。
ちなみに、車輪径、フランジ高、幅などは差がないです。

P1030987

スッキリした足下になりました。
向こうがちゃんと抜けています。

スノウプロウを付けると。。。。

P1030988

あまり目立ちません。(涙

P1030989

EF16に付けてみます。
と、言っても対して違いはないですが。。。。
車輪だけ脱着で取り付けできるので簡単です。
ちょっと値段が高めなのが気になりますが、お手軽ディティールアップパーツだと思います。

あと4軸残っているので、今度発売になるEF15最終形の為に確保しておきたいと思います。

それでは。

|

« EF64-1000双頭連結車を作る。その6完成 | トップページ | ワールド工芸C57 4次型を見てみよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF64-1000双頭連結車を作る。その6完成 | トップページ | ワールド工芸C57 4次型を見てみよう。 »