« ワールド工芸 スポーク先輪を使ってみる。 | トップページ | ワールド工芸HD300-901キットを見てみよう。 »

2010年7月 8日 (木)

ワールド工芸C57 4次型を見てみよう。

JNMAで買ってきたワールド工芸のC57 4次型。
今までC62は作ったことがありますが、初になる別形式の蒸機です。

買った理由は、

九州形、門デフが欲しかったことが大きいです。

P1030969

久々のブラスキットなので非常に楽しみです

まずは製作前に中身の確認。

ワクワクしながら箱を開けます。

P1030982_2

いつものように印刷された説明書。
C62の時と同じく、3枚6ページに渡って組み図が書いてあります。

P1030990

パーツ全部。
ワールド工芸の蒸機キットとしては普通の部品点数だと思います。

P1030994

テンダー本体とキャブ。
キャブ、テンダー共に折り曲げ済みです。
コレは、白い箱の中に入っていますので、作業まで変形させないように保管です。

P1030995

ボイラー。
今までC62しか作ったことがなかったので、非常に細身に感じます。
半田ゴテが上手く入るか心配です。

P1030992

動輪。
C57の特徴でもある大径の動輪です。

P1030993

先台車は、一緒に買ってきたスポーク車輪と同じものです。
やっぱり向こうが抜けているのは良いですね。

P1030991

エッチングパーツ。
コレは、デフが収録されているランナーです。
やっぱり門デフが良いですね。

早速製作に移りたいですが、色々とやりたいことがあるのでしばし放置。catface

次回は、HD300を紹介します。

|

« ワールド工芸 スポーク先輪を使ってみる。 | トップページ | ワールド工芸HD300-901キットを見てみよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸 スポーク先輪を使ってみる。 | トップページ | ワールド工芸HD300-901キットを見てみよう。 »