« EF65-86を作る。その3 | トップページ | KATOのEF65-500Fを見てみよう。 »

2010年6月12日 (土)

今日の買い物。KATO EF81ヒサシ付き東日本色

今日の買い物です。
KATOから発売になったEF81ヒサシ付き東日本色とEF65-500F形です。

P1030787

今回は、EF81をみていきます。
EF65Fは、またの機会に。

それでは早速開封。

こんな感じです。

P1030788

EF81とEF65を並べて撮影。

P1030789

今回から手すりが別パーツになっていますが、解放テコは付いていません。
「あけぼの」の牽引用に発売された製品ですが、最近のEF81に見られる双頭連結器仕様のスカートではありません。

P1030797

気になるヒサシは、別パーツ化してあるので、ヘッドライトの下の穴がちゃんと再現されています。
軽く触ってみましたが、ヒサシはしっかり付いているので、EF65-1000の様にある日突然紛失にはならなそう。

P1030798

ヘッドマークは、「あけぼの」と「北陸」が付属。
北陸編成が欲しいところです。TOMIXから発売になる「さよなら北陸」セットに期待。

P1030799

ナンバーは、137・139・140・141が付属。
現行で見れば、137以外は双頭連結だったような・・・。

P1030804

で、登場するのがボナファイデプロダクトの双頭連結器装備車パーツ。
こいつにはナンバーパーツも付属しているので136号機あたりを作るのもいいですね。
何号機にするかは別にして、近々双頭連結装備車への改造を行うつもりです。

それでは、次回はEF65-500Fを見てみます。

|

« EF65-86を作る。その3 | トップページ | KATOのEF65-500Fを見てみよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-86を作る。その3 | トップページ | KATOのEF65-500Fを見てみよう。 »