« KATOのEF65-500Fを見てみよう。 | トップページ | EF65-86を作る。その5 »

2010年6月14日 (月)

EF65-86を作る。その4

EF65-86を作る。その4です。
先日買ったEF81とEF65が気になりますが、まずは一つずつ完成させます。

P1030747_4

前回は、ボディだったので、下回りに移ります。
ボディが少し中途半端な感じですが。。。

それでは作業開始です。

下回りをプライマー処理して台車を塗装。

P1030753

クレオスのセミグロスブラックで塗装。
速度検出器を付けましたが黒で塗装したので目立ちません。
自己満足の世界かも。。。

P1030754

112号機の台車はグレーなので、手持ちの同じTOMIXのEF65-500Fと交換。
当然、F形の台車が無くなってしまいますが、以降の計画で辻褄が合う算段になっています。

P1030759

プライマー吹きのついでにスカートも塗装。
この後、エアーホースに色差しです。
スカートの運転席側に切り欠きが有るのが、3次型、4次型の特徴。
ユーロ色の112号機は4次型、86号機も同じ4次型だったはず。

P1030760

さらに、パンタも塗装しました。
スカートと同じねずみ色1号なので、効率的に作業を行います。

P1030761

台車の黒を塗るついでに、モニタパーツも塗装。
同色パーツは可能な限り一緒に塗ることにしています。

P1030763

112号機に付属のTNカプラーはグレーなので、こちらもF形のTNカプラーのホルダー部分を流用してKATOのナックルカプラーを装着。

今日の作業はここまでにします。
コレで、下回りは出来たので、次回はボディの仕上げに行けたらと思っています。

それではまた次回。

|

« KATOのEF65-500Fを見てみよう。 | トップページ | EF65-86を作る。その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATOのEF65-500Fを見てみよう。 | トップページ | EF65-86を作る。その5 »