« EF81双頭連結器装備車を作る。その2 | トップページ | N小屋製室内シート »

2010年6月22日 (火)

EF81双頭連結器装備車を作る。その3

EF81双頭連結器装備車を作る。その3です。

前回は、下地処理を中心に地味な作業でした。

P1030840_2

ここから塗装ですが、普通ならサフ吹きですが、サフ無しで塗装します。

キズが目立つので#1000→#2000の耐水ペーパーで慣らしておくことを忘れずに。

それでは作業開始です。

赤は、いつも使っているGMベースで作った赤。

P1030851

で、気づいたのが塗る順番。
屋根から塗るつもりがボディ色から。。。。
仕方がないのでマスキングで乗り切ります。

P1030852

正面から。
標識掛けなども自作して取付け。

P1030853

小型の電暖灯。
削り跡も目立たず上手くいったかな。happy02

作っておいた下回りにかぶせます。P1030854

全体的なバランスもまずまず。
やはり標識かけは自己マンの世界かもしれませんが、個人的には気に入ってます。

今日はここまで。
とりあえず、屋根を塗らないと次に進めませんね。

|

« EF81双頭連結器装備車を作る。その2 | トップページ | N小屋製室内シート »

コメント

こんばんは。
> 銀河モデルのN-239
なるほど。ありがとうございます。
0.5mm真鍮線で工作を試みたのですが、真鍮線はやはり固く、思ったような加工に向いていないらしい(自分的に)ことが分かりました。

しかし、ラビットさんにしろ、皆さん加工が早い、早い。
自分はいつまで引っ張る事になるのか分かりませんが、この分で行くと皆さんの興味がなくなった頃までかかるのは間違いない感じです。

投稿: salam | 2010年6月23日 (水) 00時12分

こんばんは。
真鍮線を曲げる場合、ライターで少し炙ると曲げやすくなります。いわゆる焼き鈍しと言うヤツです。
ちなみに、N-239は1両に2セット必要なので買うときは注意してください。

加工は速さじゃないですよ。満足できる作品を作ってくださいね。

投稿: ラビット | 2010年6月23日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF81双頭連結器装備車を作る。その2 | トップページ | N小屋製室内シート »