« ノートの車高ダウン。 | トップページ | ガンダム 原典継承Extra »

2009年11月15日 (日)

HGサザビー製作。

昨年、近所のショッピングモールで行われたガンプラコンテストの金賞賞品としてHGサザビーを頂きました。

P1110538

鉄道模型の改造の合間に少しずつ進めていましたが、やっと完成しました。
塗装に力を入れて、ツノのシャープ化程度のストレート組みです。

作る方に集中してしまったので、途中経過の写真は無いですが紹介します。

今まで、艶消しのグラデ塗装ばかりでしたが、今回は初めてグロス仕上げ(光沢仕上げ)に挑戦してみました。
いきなりMGでやるとパーツ点数の多さから挫折しそうだたので、パーツ点数の少ないHGで挑戦です。

P1020232

濃い赤は、Nゲージで使っている赤13号、明るい赤はクレオスのシャインレッドです。
クリアはクレオスのGXカラーのスーパークリアⅢを使用してます。

P1020233

1/144モデルですが、元々大きくボリュームの有る機体です。
スカートのマークは赤塗装後にガンダムデカールを貼付け、クリア塗装、磨き、クリア塗装で段差を極力無くすようにしました。

P1020234

所々に部屋の蛍光灯が映り込んでいます。
グロス仕上げは、赤パーツのみとして黒パーツはセミグロスブラック、内部パーツはスーパーアイアンとすることで、艶の変化を出してみました。

P1020235_2

後ろから。
バーニアは、ガイアノーツの鉄道ライトステンレスシルバーを使用してます。
キットの指定では、バーニア内部は黄色になっていますが、好みでシルバー1色仕上げです。

P1020237

バックパックはセミグロスブラック。
ファンネルラックも艶をおさえ、ファンネルは、ボディ赤と同様にグロス仕上げにいてます。

P1020236

全体的に、グロスになっていますが、下地の赤の平坦度仕上げが少し甘い感じもします。
コレは今後の課題ですね。

初めてグロス仕上げにしてみましたが、艶消しの方が楽ですね。
サザビーのキット自体は、ライフル以外に合わせ目消しは無く、パーティングライン処理程度で作れます。
部品割りは非常によく考えられているキットだと思います。

それでは。

|

« ノートの車高ダウン。 | トップページ | ガンダム 原典継承Extra »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノートの車高ダウン。 | トップページ | ガンダム 原典継承Extra »