« ちょっと前の買い物。鉄コレ第10弾&建コレ | トップページ | 双頭連結器装備車パーツ。 »

2009年9月 2日 (水)

秩父鉄道7000系を作る!その1

久々のキット製作です。
今回は、東急から秩父鉄道に譲渡された7000系を製作します。

P1010710

ベースはもちろん、グリーンマックスの東急8500系です。
今回は、中間車改造の先頭車を含む7002F編成を作ります。

それでは、作業開始。

まず、改造用に準備です。

P1010698

あまぎモデリングイデアの秩父7000系非貫通前面パーツセットを使います。
前面パーツ、インレタが入っていますが、ヘッドライトパーツだけ入っていないので、別途購入が必要です。

P1010838

前面バーツはエッチング製です。
説明書では瞬間接着剤でもOKとありますが、長い目で考えると強度的に不安なので半田付けで組み立てています。

P1010839

裏側に補強の板を付けます。
「付けなくても良い」と説明書に有りますが、側面との位置出しの目安になるので、下側のみ付けています。
コレで十分強度は確保できます。
ただ、前面パーツのライト用の穴と補強板の穴位置が大幅にずれているので、補強板の穴を広げて対処しています。

続いて側面の加工。

P1010840

7002Fは乗務員扉周りのビードが無くなっていますので、#400の耐水ペーパーで削った後、#600、#800、#1000の耐水ペーパーで表面を仕上げています。
メタリック系の塗装なので、削りキズが目立ちやすい事もあり、ここは手を抜けません。

P1010842

仕上がりはこんな感じ。
塗装前にサフを吹いてキズチェックはしますが、まずはこの程度。

P1010843

とりあえず、1両だけ組んでみます。
前面パーツと、側面パーツは、瞬間接着剤で接着しています。

P1010844

反対側。
まずまずの仕上がり。
実車を見ると、前面と側面板の接合部にはつなぎ目が残っているので、モデルでもあまり気にせずに。
ただ、側面の樹脂パーツと前面エッチングパーツの合いがイマイチなので側面板側のウラを削って調整しています。

今日の作業はここまで。
実際には、前面パーツの組み立てより、乗務員扉周りのビード削りが実は大変ですね。

それでは、また次回!

|

« ちょっと前の買い物。鉄コレ第10弾&建コレ | トップページ | 双頭連結器装備車パーツ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと前の買い物。鉄コレ第10弾&建コレ | トップページ | 双頭連結器装備車パーツ。 »