« KATO EF65-500P形 ちょこっと改造。その2 | トップページ | 鉄コレ 秩父鉄道800系チョコバナナを作る。その2 完成。 »

2009年9月15日 (火)

鉄コレ 秩父鉄道800系チョコバナナを作る!その1

突然ですが、鉄コレの秩父鉄道800系黄色を作る事にしました。
今回は、4両編成2本作るので8両製作します。

P1010837

種車の鉄コレ秩父鉄道800系です。
鉄コレシリーズでは、いわゆるアズキ色です。
今回は、黄色に茶色帯の通称チョコバナナ色を作ります。

それでは作業開始です。

まずはお約束。

P1010818

IPAのお風呂に浸かってもらい塗装を剥がします。
実際に、小田急から秩父鉄道へ譲渡された際には、貫通扉の窓が上方向に拡大され、行き先表示もサボからフィルム巻き取り式に変わっています。

P1010834

KitcheNより大窓扉パーツが発売されていますので、これを遠征ついでに美輝川さんに買ってきてもらいました。

P1010835

これは、元の扉を切除して代わりにエッチング製の扉を取付けるタイプです。
正直、ドアの付け替えをやったことがないので少し不安です。

P1010819

最初、カッターで切り抜くつもりでしたが、思いのほか板厚があるのでルーターで荒削りをして仕上げる事にしました。
ここまで抜くのに、1~2分程度。さすが電動工具は効率的です。
今回ダイヤモンドビットを使ったのですが、思いのほかガンガン削れるので削りすぎに注意です。

P1010820

荒削りが終わったら、平ヤスリで成形。
細めのヤスリで整えた後、精密ヤスリで微調整。
上手く扉が入るか調整しながらの作業なので時間が掛かります。

P1010821

まずは、変な隙間も無く無事に取付け完了です。
ドアの位置が奥まっても、手前に来ても辺なのですが、この辺は全体のバランス重視で付けています。

今日は、ここまで。

次は塗装に移って行くことにします。
ところで先日作っていた秩父1000系アズキですが、写真撮影を忘れて美輝川さん、GORILLAさんに引き渡してしまったため紹介できていません。
今度ご一緒する事があったら写真を撮らせて頂こうと思っています。

確か、美輝川さんのブログで紹介されていた様な。。。。

それでは、また次回です。

|

« KATO EF65-500P形 ちょこっと改造。その2 | トップページ | 鉄コレ 秩父鉄道800系チョコバナナを作る。その2 完成。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATO EF65-500P形 ちょこっと改造。その2 | トップページ | 鉄コレ 秩父鉄道800系チョコバナナを作る。その2 完成。 »