« スカイライン・フェアにて。 | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その9 完成! »

2009年6月17日 (水)

ワールド工芸C62-32を作る!その8

ワールド工芸のC62-32を作る!その8です。

前回、組立もほぼ終わり、仮組をしてみました。

P1000086

真鍮むき出しのボディも、なかなか独特の雰囲気です。

で、これから塗装に入って行きます。

それでは作業開始です。

まずは、仮組みした車両を分解です。

P1010043

動力ユニットの見える部分も黒く塗りたいところですが集電性能が落ちると悲しいのでそのままにします。
コレが最終的にネジ止めで組み立てる構成部品になります。

塗装前の処理として、マッハのブラスクリーンで洗浄。
その後、中性洗剤で洗浄して、プライマー処理です。

P1010044

プライマーの色で、黄色っぽくなっています。
同じように他の部品もプライマー処理をして乾燥。

続いて、黒を吹きます。

P1010046

細かい部品も多いですが、塗装が終わった状態。
重量配分装置のオモリも付けました。
塗装には、クレオスのセミグロスブラック(半艶黒)で塗装。
良い感じの艶になりました。
デフのウラやキャブ内は、塗料が溜まらないようにエアー圧を下げてニードルを絞って少しずつ塗装していきます。

P1010047

塗料乾燥後に組み立て。
黒1色なので、あまり映えないです。

P1010048

アングルを変えて。
ナンバーや空気作用管、ロッドなどが付いていないのでメリハリに乏しいです。

いよいよ仕上げになってきますが、今日はここまで。
次回は、ナンバー付け、ロッド組み立て・調整、細部の色差しなどの仕上げをして完成まで行きたいと思います。

しかし、ロッド調整に時間が掛かると完成できないかもしれません。

それでは。

|

« スカイライン・フェアにて。 | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その9 完成! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカイライン・フェアにて。 | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その9 完成! »