« ワールド工芸C62-32を作る!その9 完成! | トップページ | 鉄コレ 秩父1000系リバイバルカラー再び。その1 »

2009年6月23日 (火)

鉄コレ 銚子電鉄

今日は、鉄コレです。

少し前になりますが、Alexさんに取り置きしておいてもらったものを買ってきました。

P1010110

銚子電鉄デハ1001桃太郎電鉄カラーです。

お馴染みのキャラが沢山描いてある賑やかな車両です。

それでは、中身をチェックです。

まずは、ありがちなアングルから。

P1010111

今所有している銚子電鉄の中にあってスカイブルーが基調のボディは派手ですね。
パンタは、相変わらずチープです。

P1010113

やはり気になるのは、横に描かれた桃鉄のキャラクター達。
鉄コレクオリティと思いきや、非常に綺麗に印刷されています。
このあたりは、マイクロエースが得意とするジャンルですが、トミーテックも負けてませんね。

P1010114

反対側。
側面の賑やかなキャラクター達に比べてお顔はシンプル。
この落差は激しいです。

P1010115

屋根上は、パンタと主抵抗器程度。
ベンチレータなどは無いのでいたってシンプル。
パンタ無し側が少し寂しい気もしますね。

鉄コレにしては、少し高めの価格設定ですが、塗りの細かさを考えると納得できると思います。
さすがに、この様なラッピング列車の塗装が鉄コレレギュラークオリティだと。。。。

面白そうなので、N化して運転するのも良いですね。
もちろん、他の銚子電鉄車両と並べて。

それでは、今日はここまでです。

|

« ワールド工芸C62-32を作る!その9 完成! | トップページ | 鉄コレ 秩父1000系リバイバルカラー再び。その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C62-32を作る!その9 完成! | トップページ | 鉄コレ 秩父1000系リバイバルカラー再び。その1 »